今週の新馬レーティングまとめ

 

①カリビアンゴールド 97.5 ★★★

 

②メリオラ 96.5 ★★★

 

③シグルーン 95 ★★★

 

④ジョウショーホマレ 94 ★★

 

⑤ミヤビベスト 93 ★★

 

カリビアンゴールド 土曜中山5R

 

2016年09月10日 芝1600m

父馬:ステイゴールド
母馬:サバナパディータ
母父:CapeCross
所属:小島太(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム(日高町)
馬主:H.H.シェイク・モハメド

レースタイム:1.36.2(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
【カリビアンゴールド】
先行策で直線外へ持ち出すと、そこから一気に伸びて快勝。2着のグラドゥアーレと共に他馬と違う脚を繰り出してゴールイン。レース展開に着差以上の余裕が感じられ、ステイゴールド産駒で新馬からこれだけ動ければ将来性もかなり有望だ。牡馬相手にこの競馬が出来れば、牝馬同士だと相当なアドバンテージがあるだろう。次走の走りに注目したい。
 

シグルーン 土曜阪神5R

 

2016年09月10日 芝1600m 阪神競馬場

父馬:アイルハヴアナザー
母馬:ワルキューレ
母父:ステイゴールド
所属:宮徹(栗東)
生産:岡田スタッド(新ひだか町)
馬主:岡田牧雄

レースタイム:1.38.5(良)
レース上がり3ハロン:33.4
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
【シグルーン】
先手必勝の策がバッチリと当たり、後方から伸びて来たカデナを封じ込めた。しかし、レースはドスローの上がりのみで決まった様な展開となったので、直接の能力を測る上ではほぼ参考外のレース。長所としては折り合いに事欠かず、鞍上の指示に従順な点か。新種牡馬・アイルハヴアナザーのキャラクターがもう少し定まってくれれば正確な診断が出来るというものだが…
 

ジョウショーホマレ 土曜阪神6R

 

2016年09月10日 芝1400m 阪神競馬場

父馬:トーセンホマレボシ
母馬:ジョウショークイン
母父:ディアブロ
所属:西橋豊治(栗東)
生産:五丸農場(新冠町)
馬主:熊田義孝

レースタイム:1.22.9(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
 
【ジョウショーホマレ】
スタートはそこそこに、積極的に前へ行ったジョウショーホマレ。直線に入ってもその脚色は衰えるどころか、更に伸びて行くしぶとい粘り腰を見せた。大きなストライドで余り速く感じなかったものの、タイム自体はそこそこ良く思った以上にスピードが乗っていたのだろう。走法から見ても逃げた方が良さそうだが、一度控える競馬も見てみたい。
 

ミヤビベスト 日曜中山5R

 

2016年09月11日 芝2000m 中山競馬場

父馬:キングズベスト
母馬:ミヤビキララ
母父:スペシャルウィーク
所属:笹田和秀(栗東)
生産:高橋修(新ひだか町)
馬主:村上義勝

レースタイム:2.09.1(稍重)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
【ミヤビベスト】
幾ら稍重馬場とは言え、2000m=2分9秒台は少しおそまつだろう。当然ながら前へ行った馬同士のワンツーで終わっており、正確なレーティングも出せないのが本音。少なくとも、この競馬ぶりを見て重賞級や上のクラスでも即通用といった評価はすべきでないし、出来る方が不思議だ。ひとまずは及第点のみ。
 

メリオラ 日曜阪神5R

 

2016年09月11日 芝2000m 阪神競馬場

父馬:Giant'sCauseway
母馬:StopTraffic
母父:CuretheBlues
所属:中竹和也(栗東)
生産:Diamond A Racing Corp.(米)
馬主:ノースヒルズ

レースタイム:2.03.2(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
【メリオラ】
外国産馬ながら、器用にレースが出来るタイプ。ソツのない競馬で先行抜け出しを図り、後ろから伸びたスワーヴリチャードの猛追をハナ差凌いで粘り切った。既にある程度完成されている感もあるが、どんな展開でも対応出来そうなので混戦模様の際には上のクラスでも台頭して来る可能性はある。後は、欲を言えばもう少し馬格が欲しかった。
 

まとめ

 
今週は、日曜の阪神新馬戦で2着になったスワーヴリチャードが最注目。

評判馬らしく最後の伸び脚は驚異的だった。フットワークが雄大で多少のモタツキはあったものの、ギアが全開になってからの雰囲気はとっくに重賞級。後は気性面・経験値を積んで以下にスムーズな競馬が出来る様になるかで将来のタイトル獲得内容も変わって来るだろう。次走のレースが大いに見ものである。

結果、今週の新馬戦は全体的に小粒な印象だった。来週に期待したい。

関連記事

関連タグ

著者