リオンディーズ(牡3歳)

リオンディーズ(牡3歳)

父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

通算成績:5戦2勝(2-1-0-2)
主な勝鞍:15年朝日杯FS(G1)
via google imghp
 
父は2004年の変則二冠を達成し、今現在もトップ種牡馬として活躍するキングカメハメハ、母のシーザリオは2005年の日米オークスを制した名牝。その間に生まれた超良血馬がリオンディーズだ。全兄のエピファネイアは2014年のジャパンカップを制して昨年から種牡馬入りしており、父兄を超えるためにもここからG1量産が期待される。
 

-2015年朝日杯FS(G1)-

1着:リオンディーズ(M.デムーロ) 2番人気
2着:エアスピネル(武豊) 1番人気
3着:シャドウアプローチ(中谷雄太) 11番人気
4着:ユウチェンジ(川田将雅) 10番人気
5着:シュウジ(岩田康誠) 3番人気

タイム:1分34秒4(良)
レース上がり3ハロン:34.4秒
勝ち馬上がり3ハロン:33.3秒
 
デビュー2戦目で重賞初参戦となった昨年暮れの朝日杯FS。道中は馬群の最後方で脚を溜めると、直線では大外に持ち出して前を行く1番人気のエアスピネルをあっさりと交わして勝利。2歳ながら良血馬らしい高いポテンシャルを見せ、史上稀にみる逸材揃いのクラシックの最有力候補に躍り出た。
 

クラシックでは能力を活かせず惨敗

 

クラシック第一戦・皐月賞

 
google imghp (7520)

2番人気に支持された皐月賞では前日から前残りが続いていたせいか、鞍上のM.デムーロは先行策を取るが、「1000m通過58.4秒」と思った以上にペースが速くなってしまい前の馬が潰れる展開。直線では他の先行馬が後退していくなかでリオンディーズは粘りを見せるが、残り200m付近で外側に斜行し、後ろの馬を妨害したとして4位で入線するも5位に降着。大一番で一族特有の気難しさを出してしまい、後味の悪い結果に終わった。
via google imghp
 

クラシック第二戦・日本ダービー

 
google imghp (7522)

前走の皐月賞とは一転して本来の後方から末脚を活かす競馬に徹したが、序盤で折り合いを欠き、終始力んだままの競馬。最後の直線では最速の上がり(33.2秒)を使ったものの前の馬を交わせず5着。鞍上のM.デムーロは「リラックスさせてあげられなかったのが全て・・。」と最大の欠点をここでも露呈してしまった。
via google imghp
 

折り合い難で菊は断念・・・。2000mの秋天へ

 
日本ダービーで5着に敗戦後、今後のローテーションが未定となっていたリオンディーズだったが、秋は古馬G1の天皇賞(秋)へ向かうことが決まった。鞍上は引き続きM.デムーロ。
当初はクラシック最終戦の菊花賞が有力だったが、春の2戦で折り合い難を露呈してしまったため、3000mの菊花賞は自滅が目に見えると判断し、一線級の古馬との戦いを選んだ模様。
現在は北海道のノーザンファームへ放牧中で、本番の前に一戦を挟むかは未定。
 
過去に3歳で天皇賞(秋)を制した馬は1996年のバブルガムフェローと2002年のシンボリクリスエスの2頭のみ。リオンディーズが勝てば史上3頭目の快挙となる。
 
バブルガムフェロー

バブルガムフェロー

父:サンデーサイレンス
母:バブルカンパニー
母父:Lyphard
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)

主な勝鞍:96年天皇賞・秋(G1)
via google imghp
 
シンボリクリスエス

シンボリクリスエス

父:Kris S.
母:Tee Kay
母父:Gold Meridian
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)

主な勝鞍:02&03年天皇賞・秋(G1) / 02&03年有馬記念(G1)
via google imghp
 

まとめ

 
春のクラシック2戦では思うような結果を残せていないリオンディーズだが、秘めたポテンシャルは世代トップであることは間違いない。あとは落ち着いてレースをしてくれれば、強豪古馬相手にも十分に通用するはず。偉大な両親と兄を超えるためにも今は夏を越して心身ともにひと回り成長してくれていることを願っている。

関連記事

関連タグ

著者