2016年のオークスは1~4着をノーザンファームが独占

 
1番人気シンハライトがディープインパクト譲りの豪脚を繰り出して勝利した2016年のオークス。そのシンハライトのクビ差2着に大外から突っ込んできたチェッキーノ、3着に早め先頭に抜け出してあわや勝つのかと思わせたビッシュ、4着に最後方から追い込んできたジェラシーが入った。
 
この結果の一番の注目点は上位4頭全てがノーザンファームの生産馬ということだ。今年のオークスは出走馬18頭のうち、ノーザンファーム生産馬は8頭。過去にも同じ牧場・馬主のワンツーフィニッシュは多くあり大いに想像できるのだが、ましてやG1で掲示板や1〜4着を全て独占できるほど競馬は甘くない。
 
しかし、それをいとも簡単にやってのけるのがノーザンファームという大牧場で、今の日本の競馬界は”ノーザンファームの一人勝ち”といっても過言ではない。
 

1着③シンハライト(父ディープインパクト)
2着⑬チェッキーノ(父キングカメハメハ)
3着⑭ビッシュ(父ディープインパクト)
4着⑯ジェラシー(父ハービンジャー)
 

日本の常勝軍団ノーザンファームとは

 
北海道安平町に構えるノーザンファームは社台グループに属する競走馬の生産・育成を行う大牧場だ。従業員は約600人で、在厩馬は約2400頭。北海道のみならず、ノーザンファーム天栄(福島県)、ノーザンファームしがらき(滋賀県)で放牧中の馬のトレーニング・育成を行っている。

1994年に吉田善哉が創設した社台ファームの分割によってできた「社台ファーム早来」が息子の吉田勝己によって「ノーザンファーム」という名前になったようだ。
 
※吉田善哉・・・社台グループの創業者で、1976年にノーザンテースト、1989年にトニービン、1991年にサンデーサイレンスといったのちに日本競馬の礎を築く大種牡馬を購入したことで有名。1993年に死去してからは息子の照哉・勝己・晴哉によって社台グループは再編され、いまや日本が世界に誇る競走馬の生産・育成を行う大集団へ成長を遂げた。
 
吉田勝己

吉田勝己

社台グループ創設者・吉田善哉の次男で、ノーザンファーム・ノーザンホースパークの代表取締役を務める。さらに1歳上の照哉が社台ファーム・社台スタリオンステーションの代表取締役で、3歳下の晴哉は生産牧場である追分ファーム代表というサラブレッドであり、今の日本競馬を牽引する”大物の中の大物”だ。
 
 (3676)

2005年にディープインパクトで牡馬クラシック三冠制覇を達成。2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナで牝馬クラシック三冠制覇を成し遂げている。

主な生産馬:アドマイヤベガ(99'日本ダービー)、ジャングルポケット(01'日本ダービー・ジャパンカップ)、キングカメハメハ(04'NHKマイルC・日本ダービー)、シーザリオ(05'オークス・アメリカンオークス)、アドマイヤムーン(07'宝塚記念・ジャパンカップ)、ブエナビスタ(08'阪神JF・09'桜花賞・オークス・10'ヴィクトリアマイル・天皇賞(秋)・11'ジャパンカップ)、エピファネイア(13'菊花賞・14'ジャパンカップ)、ドゥラメンテ(15'皐月賞・日本ダービー)、リアルスティール(16'ドバイターフ)など
 
 (3679)

ノーザンファーム名物の屋内坂路コースは、直線約800m・傾斜6%で美浦の4.5%、栗東の5.5%を超える非常にタフなコースで、幼少時からここで鍛え上げられて立派な競走馬になっていくようだ。
ノーザンファーム生産馬は血統が何よりも素晴らしいのだが、それ以上に妥協を許さないトレーニングが圧倒的な強さを生む秘訣なのかもしれない。
 

日本ダービーも上位を独占??

 
29日に行われる競馬の祭典・日本ダービーにもノーザンファーム生産馬が多く出走する。
現在出走が予定されている18頭のうち、アジュールローズ・イモータル・サトノダイヤモンド・プロディガルサン・プロフェット・マウントロブソン・マカヒキ・リオンディーズ・レインボーライン・レッドエルディストの10頭がノーザンファーム生産馬でオークスに続いてまたしても上位独占が期待される。
 
サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎)

サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎)

父:ディープインパクト
母:Malpensa
母父:Orpen

前走の皐月賞で1番人気に支持されたが、休み明けということもあり惜しくも3着。最大の目標の日本ダービーへ照準を合わせて調整してきた今回は当然勝ち負けが期待される。自慢の豪脚を期待したい。
 
マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)

マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)

父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ

前走の皐月賞は大外から追い込んでメンバー中最速の上がり3F33.9秒の末脚繰り出して2着。今回は直線の長い東京コースになるため、レースはしやすいはず。”ディープインパクトの再来”と言われた逸材で、ハイレベルな頂上決戦でどのような走りを魅せてくれるのか注目だ。
 
リオンディーズ(栗東・角居勝彦厩舎)

リオンディーズ(栗東・角居勝彦厩舎)

父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク

父キングカメハメハ、母父スペシャルウィークがダービー馬で、母シーザリオがオークス馬というまさに”東京2400mを勝つために生まれてきた馬”といってもいいだろう。昨年の2歳王者のプライドにかけてここは絶対に負けられない。

関連記事

関連タグ

著者