馬体診断

 
エレンウィルモット2014 ♂ (馬名:アーザムブルー)

エレンウィルモット2014 ♂ (馬名:アーザムブルー)

父馬:ディープインパクト
母馬:エレンウィルモット
母父:ブライアンズタイム
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング
via google imghp
 
非常に見栄えのする好馬体。柔らかさと靭やかさに加え、全体的な馬体の厚みもありかなりバランスの整った魅力的な馬。正直、POGでももっと上位にいておかしくないレベルの作りだが、兄弟がどれも走っていないだけに掘り出し物の1頭になる可能性は大。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
エレンウィルモット ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
キャットクイル Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Pacific Princess Damascus
Fiji


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
キズナ 牡

キズナ 牡

父馬:ディープインパクト
母馬:キャットクイル
母父:Storm Cat
所属:佐々木晶厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズ(新冠町)
馬主:前田晋二

通算成績:14戦7勝(7-1-2-4)
主な勝鞍:日本ダービーなど
via google imghp
 
ファレノプシス 牝

ファレノプシス 牝

父馬:ブライアンズタイム
母馬:キャットクイル
母父:Storm Cat
所属:浜田光正厩舎(栗東)
生産:マエコウファーム(新冠町)
馬主:ノースヒルズマネジメント

通算成績:16戦7勝(7-1-1-7)
主な勝鞍:桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
全姉にファレノプシス、半弟にキズナがいる母だが兄弟が全部未勝利という事で血統背景としてはかなり弱い。
 

前評判

 
管理する戸田博文調教師も、『背中が良くて“良いキャンター”をすると聞いている。成長途上だけどバランスが良いし仕上がってくれば楽しみだね』とデビュー前からその評価は高い。血統構成も、今年の皐月賞馬ディーマジェスティと同じ、ディープインパクト×ブライアンズタイムの掛け合わせだけに相性も良く爆発する下地は十分。
 

馬名の由来

 

アーザムブルー

 
【意味】…ハイブリッドティー種のバラ。

母名より連想してネーミング。ブルーという響きがシルクレーシングの勝負服と相まって非常に好印象。重賞馬に相応しい名前で現状でのマイナス材料はゼロ。
 

編集部内の評価

 
関西馬だったら間違いなく指名している。…単純なマイルールに関東馬はスルーというものがあり、それだけにとらわれてしまって指名セレクト出来ないでいるが、これは本当に当たり馬となりそうな予感。強いてあげれば戸田厩舎という点だけがネックになるか。それ以外の名前、馬体、生産などは◎だ。(田中)
 
馬名も馬体も個人的にはタイプではない。Pacific Princess一族もどちらかというとほとんどアンチファンな馬が多いので、兄弟未勝利では選択候補にあがるわけがない。(大川)

関連記事

関連タグ

著者