馬体診断

 
メイショウベルーガ2014 ♂ (馬名:メイショウテンシャ)

メイショウベルーガ2014 ♂ (馬名:メイショウテンシャ)

父馬:ディープインパクト
母馬:メイショウベルーガ
母父:フレンチデピュティ
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場(浦河町)
馬主:松本好雄
via google imghp
 
母から受け継いだ芦毛の馬体。一般的な見栄えとして馬体はボテッと映るものだが、クビ差し・手足共に長くスラーっとした印象。両親の良いところを上手く引き継いでいるのではないだろうか。兄のメイショウジーターとはタイプも違い、メイショウベルーガの実質的に勝負できる産駒としては初年度といっても構わない。
 

馬体診断

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
メイショウベルーガ フレンチデピュティ Dputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
パパゴ Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Passamaquoddy Drone
Olmec


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
サドラーズウェルズにフレンチデピュティという血統は、パワー型で硬い馬が多く母も自力は牝馬G1格は十分あったが柔軟性にかけた。ここに柔軟性の申し子ディープインパクトをかけたわけだが兄がダイワメジャー産駒で未勝利でパワー固めしたが当馬はプラスに向くかマイナスに向くかという感じだろう。
 

前評判

 
牧場関係者は、「非常に柔らかい動きをしています。トモやクビ回りなどが全体的に大きくなって来ていますので、まだ良くなると思います。兄とは全く違ったタイプですが、高い能力を感じているので大きいタイトルを狙って行きたいですね」との事。母が重賞でも牡馬と互角に渡り歩いた女傑だけに、ディープインパクト産駒ともなればその期待は膨らむばかりだ。
 

馬名の由来

 

メイショウテンシャ

 
【意味】…冠名+天赦日より

天赦日とは、年に5~6日しかない貴重な開運日で日本の暦上で最上の吉日。めでたい名前にあやかり、素晴らしい活躍を願ってのネーミングだろう。メイショウの松本氏らしいチョイス。母同様、ダイナミックなフォームで白い馬体をターフ上でも踊らせて欲しい。
 

編集部内の評価

 
勝ち味に遅かったメイショウベルーガと、3冠馬ディープインパクト…いずれの血が色濃く反映されるのかが未知数ではあるが、血統的なロマンを考えると非常に魅力的な1頭である。勿論、厩舎的にも鞍上は池添謙一騎手になるのだろうが、そこを含めてデビューギリギリまで検討したい1頭。(田中)
 
まずメイショウの冠名がついてしまって馬名的な魅力はないが顔はなかなか男前な気がする。個人的には母メイショウベルーガは好きなので活躍すれば応援するがPOG指定は難しい。(大川)
 
メイショウベルーガは個人的に好きな馬だし、ディープインパクト×フレンチデピュティはダービー馬マカヒキと同じ組み合わせなので期待したくなる一頭。もう少し様子を見てから検討したい。(小野寺)

関連記事

関連タグ

著者