1日、阪神競馬場で<天皇賞・春>(GI・4歳上・芝3200m)が行われ、横山和生騎手騎乗の2番人気タイトルホルダーが優勝しました。

 勝ちタイムは3分16秒2(稍重)。


 以下、1番人気ディープボンド、4番人気テーオーロイヤルの順にゴール板を通過しています。


 勝ったタイトルホルダーは、牡4歳、美浦・栗田徹厩舎で、父ドゥラメンテ、母メーヴェ、その父Motivatorという血統です。

 昨年の<菊花賞>に続くGIレース2勝目となりました。


 また、鞍上の横山和生騎手はGI初制覇です。

関連記事

著者