イキートス

 
イキートス 牡4歳

イキートス 牡4歳

父馬:Adlerflug
母馬:Irika
母父:Areion
所属:Hans Jurgen Groschel厩舎(独)
生産:Frau Dr. Erika Buhmann(独)
馬主:Stall Mulligan

通算成績:12戦5勝(5-2-0-5)
主な勝鞍:バーデン大賞など
via google imghp
 

2016年9月4日 バーデン大賞 芝2400m ドイツ

1着:イキートス(ファーガソン)
2着:ナイトフラワー(シュタルケ)

レースタイム:2.33.7(重)
レース上がり3ハロン:計不
勝ち馬上がり3ハロン;計不
 
【イキートス】
アドラーフルグという聞きなれない馬の産駒だが、遡れば祖父にサドラーズウェルズがいるガチガチの欧州血統だ。ドイツではGⅠを1勝する程度の実力だが、その3走前のバーデン大賞で重馬場を苦にせず2番人気ナイトフラワーを大きく引き離しての圧勝劇は非常に印象的だった。基本的に同血統は日本の高速馬場に合わないと見ているが、今週末の天気は荒れ模様。天候による馬場状態次第では一発があってもおかしくはない。
 

イラプト

 
イラプト 牡4歳

イラプト 牡4歳

父馬:Dubawi
母馬:Mare Nostrum
母父:Caerleon
所属:Francis Henri Graffard厩舎(仏)
生産:Niarchos Family(愛)
馬主:Niarchos Family

通算成績:12戦5勝(5-1-1-5)
主な勝鞍:パリ大賞、カナディアン国際など
via google imghp
 

2016年10月16日 カナディアン国際 芝2400m アメリカ

1着:イラプト(パスキエ)

レースタイム:2.30.8(良)
レース上がり3ハロン:計不
勝ち馬上がり3ハロン;計不
 
【イラプト】
昨年もジャパンCに参戦して不利を受けながらも6着入線。上位と差のない競馬をして日本でも十分走れる適正を見せた。今年は前走のカナディアン国際を勝利して勢いのある臨戦過程も◎。加えて今年のフランスリーディングを独走し年間勝利記録を更新中のブドー騎手が、わざわざこの馬に騎乗する為に来日する力の入れ様が好印象だ。2度目の遠征で馬も慣れている事から前進必至。注意したい。
 

ナイトフラワー

 
ナイトフラワー 牝4歳

ナイトフラワー 牝4歳

父馬:Dylan Thomas
母馬:Night Of Magic
母父:パントルセレブル
所属:Peter Schiergen厩舎(独)
生産:Juergen Imm(愛)
馬主:Stall Nizza

通算成績:14戦3勝(3-7-0-4)
主な勝鞍:ヨーロッパ賞など
via google imghp
 

2016年9月25日 ヨーロッパ賞 芝2400m ドイツ

1着:ナイトフラワー(シュタルケ)
2着:イキートス(ファーガソン)

レースタイム:2.29.3(良)
レース上がり3ハロン:計不
勝ち馬上がり3ハロン:計不
 
【ナイトフラワー】
こちらも前年に続くジャパンCへの参戦。昨年のレースでは直線で不利を受け不完全燃焼の内容だっただけに、陣営の意欲も並大抵のものではない筈だ。イキートスは臨戦過程が似ており再三の様に対戦しているが、基本的には人気・実力共にナイトフラワーの方が高いという認識で良いだろう。牝馬だけに斤量が他よりも軽くなるのは後押し出来る。良馬場ならこの馬が1番手か??
 

昨年のジャパンC

 

2015年11月29日 ジャパンC 芝2400m 東京競馬場

1着=ショウナンパンドラ(池添)
2着=ラストインパクト(ムーア)
3着=ラブリーデイ(川田)

6着=イラプト(パスキエ)
11着=ナイトフラワー(シュタルケ)

タイム=2.24.7(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.9
 
【レース回顧】
最後の直線でピンク帽のナイトフラワーが一切まともに追えていないのがお分かり頂けただろうか??何度も前が塞がって一度も真っ直ぐ走れていないにも関わらず1着から0.5秒差の11着。先ず、普通に走っていたならば6着のイラプトと着順は逆転出来ていた筈。そのイラプトも一瞬内目からあわやのシーンを作っているだけにこの2頭は今年も決して侮れない存在だろう。枠順などが出てから更に検討する必要があるものの、初参戦のイキートス含め例年よりも海外馬が馬券圏内に飛び込んで来る可能性は高いように思える。
 

まとめ

 
一応振り返ってみると過去10年で3着以内に入った外国馬は、2006年のウィジャボードだけ。これはかなりの苦戦傾向ではあるが、単純に昨年のレース内容を見返せばナイトフラワーとイラプトは十分に戦える。イキートスに関しては成績を見る限り馬場が渋らないと厳しい気もするが、今週末は雨模様なだけに条件が味方しそうな予感。何より、先のウィジャボードは2005年から2年連続での参戦で5→3着と着順を上げている点が好走のファクターとしてリンクしている。…今回は軽視すると痛い目に遭うかも??

個人的には良馬場ならナイトフラワー>イラプト>イキートス、重馬場以上でイキートス>ナイトフラワー>イラプトの順で日本馬と交えて展望して行きたいと考えている。さて、あなたはどうか??

関連記事

関連タグ

著者