10月16日に東京・阪神・新潟で行われた新馬戦全5レースの勝馬は、以下の通りです。


<東京3R>(芝1600m)

⑥エリカヴィータ(牝、美浦・国枝栄)

鞍上:C.ルメール

タイム:1分36秒4(良)

父:キングカメカメハ

母:マルシアーノ その父: フジキセキ

コメント:距離的にはまだ余裕があり、直線では2回加速したとルメール騎手がコメント。能力のある馬と認めています。


<東京5R>(芝1800m)

⑧ライラック(牝、美浦・相沢郁)

鞍上:M.デムーロ

タイム:1分50秒1(良)

父:オルフェーヴル

母:ヴィーヴァブーケ その父:キングカメカメハ

コメント:デムーロ騎手は、折り合いがすぐにつくし、瞬発力もあるとコメント。レースでは、ノーステッキで押し切りました。


<阪神4R>(ダ1200m)

⑦ゼットノヴァ(牡、栗東・吉田直弘)

鞍上:幸英明

タイム:1分13秒9(良)

父:ゼファクター

母:ネオシルヴィア その父:ネオユニヴァース

コメント:好スタートを切り、そのあともずっと楽な手応えのままゴールしたそう。四肢を大きく使う走り方で、スピードがかなりあります。


<阪神5R>(芝1800m)

②フォースクエア(牡、栗東・池江泰寿)

鞍上:池添謙一

タイム:1分49秒7(良)

父:エピファネイア

母:テネイシャス その父:キングカメカメハ

コメント:池添騎手は「仕掛けた時の反応はとても良い。それでもまだ馬体が緩いし、伸びしろしかない」とコメントしています。


<新潟5R>(ダ1800m)

③ジャカランダ(牡、栗東・河内洋)

鞍上:鮫島克駿

タイム:1分55秒2(稍重)

父:キズナ

母:コンポステラ その父:Empire Maker

コメント:鮫島騎手は「大型馬で跳びが大きい馬だが、しっかり乗り込んできたし、流れも良かった。跳びを生かすような競馬をして少し大味になってしまった」とコメントしています。

関連記事

著者