レース傾向&展開

 
東京競馬場の芝・1400mで行われるこのレースは向正面の半ばからのスタートで、3コーナーまでの距離は約350m。
スタート直後に上り坂があり、そこを越えると3コーナーまで下り坂になっているが、前半は比較的ゆったりと流れることが多い。
直線は525.9mで、直線に向いてすぐに約160mの急な上り坂(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦になっている。
前半が遅く流れることが多い分、上りが速くなるケースが多い。
1400mはスプリンターやマイラーにとって得意な距離とは言えないため、やや難解なレースになる。
先行馬が有利で、スピードを持続できる馬が好走しやすい。
 
今年の京王杯SCは⑨エイシンスパルタン、⑬サンライズメジャーの先行争いが予想される。その後ろに⑧クラリティスカイ、①ロサギガンティアが続き、中団好位に⑥オメガヴェンデッタ、⑦サクラゴスペル、⑩サトノアラジン、⑯ダッシングブレイズがレースを進める形になりそう。
 

独自予想

 
◎エイシンスパルタン

◎エイシンスパルタン

父:Zensational
母:Lady Tak
母父:Mutakddim

前走の春雷S(OP特別)では好位の2番手追走から直線では楽に抜け出して余力を残しながらも後続に2馬身差つけ、結果も内容も好印象だった。
昨年の晩春S(1600万以下)で負かしたマジックタイムが後にダービー卿CTを勝っていることからこの馬も重賞でも通用するはず。
芝1400mは過去に7戦して4勝と高い適性をみせており、今回の舞台はベストだと考えられる。
上位人気馬に休み明けや距離不安があるだけに、重賞初挑戦でいきなり勝っても不思議ではない。
via google imghp
 
◯ロサギガンティア

◯ロサギガンティア

父:フジキセキ
母:ターフローズ
母父:Big Shuffle

前走の阪神Cを制して重賞2勝目と馬の滞在能力と実績はメンバー中トップレベルだ。今回は約4ヶ月半ぶりの実戦になるが、3月から入念に乗り込まれており、出走態勢は十分に整っているはず。3歳時にスプリングSを制し、NHKマイルCでは2番人気に支持された馬が、5歳になってようやく本格化しており、春の大目標である安田記念へ向けてここはしっかりと勝っておきたい。
via google imghp
 
▲サトノアラジン

▲サトノアラジン

父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat

前走のダービー卿CTは海外遠征帰りで馬体重がプラス10kgながら3着と好走。ひと叩きされた今回は上積みが期待できるし、持ち前の瞬発力を生かせれば、上位争いできる能力は持っている。唯一の不安は1400mへの距離短縮になるが、直線の長い東京コースなら不安は少し軽減されそう。
via google imghp
 
▲ダッシングブレイズ

▲ダッシングブレイズ

父:Kitten's Joy
母:Blazing Bliss
母父:Honour and Glory

前走のダービー卿CTは6着に敗れたが、前々走の東京新聞杯で落馬中止の影響を感じさせない末脚をみせた。直線が長い東京コースへの舞台替わりはプラス材料で、巻き返しを期待したい。今回から再び浜中俊騎手とのコンビで臨むことになるが、人馬ともにまずは無事に走ってほしい。
via google imghp
 
▲オメガヴェンデッタ

▲オメガヴェンデッタ

父:ゼンノロブロイ
母:ビハインドザマスク
母父:ホワイトマズル

昨年このレースを7番人気ながら勝ち馬サクラゴスペルに0.1秒差の3着と好走。芝1400mは【2・1・3・1】と好成績で東京コースとの相性もいい。能力的に勝ち切るまではいかないが、2.3着には食い込んで来れるはず。
via google imghp
 
▲ヴェルステルキング

▲ヴェルステルキング

父:サクラバクシンオー
母:サルスエラ
母父:マンハッタンカフェ

芝1400mのレースを2連勝でオープン入りを決めた上がり馬。今回が重賞初挑戦で相手が一気に強化されるが、充実ぶりと秘めた高いポテンシャルで上位争いを期待したい。
via google imghp
 
△サクラゴスペル
昨年の覇者で東京コースは全9勝中5勝と相性がいい。前走の高松宮記念は17着と案外な結果だったが、8歳になった今でも衰えは感じられず、流れが向けば馬券圏内に入ってきそう。
 
★三連単フォーメーション買い目★
①②⑥⑨⑩⑯-⑦-⑬⑮ 計252点
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
レーティングTOPは110.2でサトノアラジン。ただ距離的に忙しいイメージがあるのであまり信用は出来ない。次に109.0でエイシンスパルタンでこちらは先行して今の東京ならそのまま押し切るイメージ。2頭が抜けているのでその後は混戦だろう。サトノアラジンが距離合わなかった場合は3番手以降、大混戦になりそう。レーティング104.0以上の人気ないところを狙うのが良い。買わされ馬は予想オッズ的にはオメガヴェンデッタ。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 渡辺 予想オッズ
1 ロサギガンティア 57.0 M.デムーロ 106.8 3.6
2 ヴェルステルキング 56.0 福永祐一 103.0 × 40.2
3 ヒルノデイバロー 56.0 太宰啓介 101.0 74.4
4 サザナミ 54.0 T.ベリー 94.0 124.7
5 ダンスアミーガ 54.0 C.ルメール 98.4 93.5
6 オメガヴェンデッタ 56.0 武豊 104.0 6.9
7 サクラゴスペル 57.0 H.ボウマン 104.3 × 29.7
8 クラリティスカイ 57.0 三浦皇成 106.8 23.8
9 エイシンスパルタン 56.0 藤岡佑介 109.0 × 5.9
10 サトノアラジン 56.0 川田将雅 110.2 3.1
11 ブラヴィッシモ 56.0 内田博幸 104.5 36.9
12 エポワス 56.0 柴田善臣 100.0 243.7
13 サンライズメジャー 56.0 戸崎圭太 106.6 × × 17.9
14 アイライン 54.0 吉田豊 97.0 94.6
15 ダイワリベラル 56.0 横山典弘 105.5 × × 66.8
16 ダッシングブレイズ 56.0 浜中俊 106.0 × 5.2

関連記事

関連タグ

著者