アリマに跨りゴジラを凍結せよ!!

 
-ゴジラVSアリマ-

プレーヤーは名馬アリマに騎乗し各ステージを快走。その中で与えられたミッションを遂行しながら、迫り来るゴジラの攻撃を交わして完走をしなければならない。突如現れた巨大生物の猛威に耐え、最終的にはそのゴジラを打ち倒して日本に平和をもたらす事がこのゲームの最終目標である。
 
お馴染みのゴジラが不気味な程リアルに再現

お馴染みのゴジラが不気味な程リアルに再現

via google imghp
 
プレーヤーは騎手となってアリマ号に騎乗だ!!

プレーヤーは騎手となってアリマ号に騎乗だ!!

via google imghp
 
基本的なミッションとしては、各ステージ場に落ちている血液凝固剤を広い集め、それを使って最終ステージの中山競馬場にてゴジラを凍結させれば作戦は成功である。しかし、そこまでにはゴジラの火炎放射や熱線ビーム、踏みつけに爆風など驚異的な攻撃をかわしていかなければならないのだ。
 
ゲームの基本的な進行画面

ゲームの基本的な進行画面

via google imghp
 
ゴジラの踏み潰し攻撃

ゴジラの踏み潰し攻撃

via google imghp
 
火炎放射を避けきれるか!?

火炎放射を避けきれるか!?

via google imghp
 
ビームがアリマに襲い掛かる!?

ビームがアリマに襲い掛かる!?

via google imghp
 

基本ステージは3つ

 

①河川流域防衛作戦

 
一般的な街にもゴジラの猛威が襲い掛かる

一般的な街にもゴジラの猛威が襲い掛かる

via google imghp
 

②東京都心迎撃作戦

 
都会の夜をゴジラが彷徨う…

都会の夜をゴジラが彷徨う…

via google imghp
 

③中山競馬場最終決戦

 
最後はトラックコースを快走しゴジラと対決!?

最後はトラックコースを快走しゴジラと対決!?

via google imghp
 
日本に上陸したゴジラの行方を追いかける様にしてそれぞれのステージを走り抜けます。その途中に落ちている血液凝固剤を数多く広い集める事がミッションであり、間に襲い掛かるゴジラの攻撃を絶対に受けてはいけません。一度でも攻撃を食らうと即ゲームオーバー。作戦は失敗となります…
 
ゴジラに踏みつけられると即終了

ゴジラに踏みつけられると即終了

via google imghp
 

作戦を遂行すべく、12匹が心強い味方に!!

 
巨災対策本部中山支部には、アリマ号をサポートするべく12匹の動物たちが集結。各動物が自らの個性を活かすべくトレーナーとなり、アリマの能力を引き上げる為のトレーニングを行ってくれるのだ。それぞれで用意されたミニゲームを通してスキルアップを目指し作戦成功に近付こう!!
 
猫を追い掛けスピードアップ!!

猫を追い掛けスピードアップ!!

via google imghp
 
ラクダと一緒に障害物をジャンプ!?

ラクダと一緒に障害物をジャンプ!?

via google imghp
 
ゾウには玉乗りの曲芸でバランスの極意を

ゾウには玉乗りの曲芸でバランスの極意を

via google imghp
 
シロクマにはカーリングで…??

シロクマにはカーリングで…??

via google imghp
 
猫やゴリラ、ライオンにキリンなど多種多彩のラインナップ

猫やゴリラ、ライオンにキリンなど多種多彩のラインナップ

via google imghp
 

結果をシェアしてスペシャルグッズをGET!!

 
全国のユーザーが投与した血液凝固剤の総量数

全国のユーザーが投与した血液凝固剤の総量数

via google imghp
 
ミッションの結果をシェアすればもれなく貰える壁紙や、全ユーザーが投与した血液凝固剤の量に応じて“3Dデジタルフィギュア”や“スペシャル壁紙”を貰えるチャンスも!?…これは皆に拡散してどんどん遊んでもらうしか無い!!
 

詳しい内容はこちらから

 
 

【JRA × シン・ゴジラ】有馬記念特設サイト「シン・アリマ」公式CM -60秒篇- - YouTube

これはまだ、誰も見たことのないレース。 鳴り響く絶望のファンファーレ。 打つのはミサイルではなく、ムチ。 かつてなく遠いハナ差。 『馬 対 ゴジラ』 動物と共に、地上最強に挑め! アリマ作戦遂行中!
 

まとめ

 
今年はアニメ『おそ松くん』ともコラボするなど様々なPR活動に精力を注ぐJRA。

2016年の締めは今年度の興行収入80億円を記録した『シン・ゴジラ』とのスペシャルコンテンツです。これで一気の盛り上がりを狙った非常に面白いコンテンツとなっております。映画を観た方は勿論、まだ観ていない方も一度遊んでもらって、JRAの心意気というものを感じて頂ければ幸いでございます。

ちなみに、映画もまだ公開している所があるとの事ですのでこれを機会にご覧になられるのもオススメです。どうぞ諸々よろしくお願い申し上げます。

関連記事

関連タグ

著者