熊沢重文騎手は、24日、新潟4Rでキーパンチに騎乗して1着となり、JRA障害通算255勝を達成しました。デビューから35年7ヶ月23日、障害競走初騎乗から34年6ヶ月14日目での記録達成となりました。


 この記録は、これまでの最高記録だったJRA障害通算254勝の記録(星野忍元騎手)を抜き、JRA史上単独トップとなりました。


(以下、熊沢重文騎手のコメント)

「あと1勝になってから時間がかかってしまいましたが、やっと達成できてほっとしています。レースに対して真面目に、正直に馬に向き合うことを心掛けてきて、それに馬が応えてくれたおかげでここまで長くやってこられたと思います。この記録を達成できたのは厩舎関係者、ファンの皆様をはじめ色んな方のおかげで頭が下がる思いです。

 今後ですが、まずは次の256勝を目指したいと思います。自分の長所はしぶとさだと思っているので、いつまで続けられるか分かりませんが、少しずつ前に進んでいけたらと思っています。」


(JRAのホームページより)

関連記事

著者