対象レース①清里特別|東京10R

 
アナザーバージョン(セ5歳)

アナザーバージョン(セ5歳)

父:クロフネ
母:アンナヴァン
母父:エンドスウィープ
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
via google imghp
 
1軍馬=アナザーバージョン・オーシャンビュー・サニーデイズ・メジャータイフーン

2軍馬=ノーブルサンズ・スリラーインマニラ・デピュティプライム
 
東京競馬第10Rの清里特別(3歳以上・1000万以下・ダート1400m)は〈アナザーバージョン〉を大本命に推す。昨年の11月に500万条件を勝ち上がってから1000万クラスでは2着2回3着2回とあと一歩まできており、勝ち上がるのも時間の問題だろう。東京ダートで3勝と相性も良く、今回が初コンビとなる大野拓弥騎手の手綱捌きにも期待。

その他では過去に東京ダート1400mで2勝し、今回がダート戻りの〈オーシャンビュー〉と藤田菜七子騎手が手の内に入れており、展開が向けば良い上がりを見せる〈サニーデイズ〉に加えて、今回が初ダートの3歳牝馬〈メジャータイフーン〉の可能性にかけて指名する。
 

対象レース②花のみちステークス|阪神10R

 
モルトベーネ(牡4歳)

モルトベーネ(牡4歳)

父:ディープスカイ
母:ノーブルエターナル
母父:アフリート
所属:松永昌博厩舎(栗東)
via google imghp
 
1軍馬=モルトベーネ・キングノヨアケ・チェスナットバロン

2軍馬=グレナディアーズ・スノーモンキー・モズライジン
 
阪神競馬第10Rの花のみちステークス(3歳以上・1600万以下・ダート1800m)は4歳馬の〈モルトベーネ〉を本命に推す。前走のブリリアントステークス(オープン特別)では勝ち馬アポロケンタッキーに0.5秒差の5着と大きく負けているわけではないし、ここでは能力、実績ともに上位だろう。

その他にはここ3走オープン特別で惨敗を喫し、今回は降級戦となる〈キングノヨアケ〉と阪神コースと重馬場で好走実績のある〈チェスナットバロン〉の計3頭をこのレースの推奨馬にする。
 

対象レース③UHB杯|函館11R

 
ホッコーサラスター(牝5歳)

ホッコーサラスター(牝5歳)

父:ヨハネスブルグ
母:ホッコーメモリー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:飯田祐史厩舎(栗東)
via google imghp
 
1軍馬=ホッコーサラスター・アスペンサミット・アドマイヤゴッド・ウォーターショパン・ゴースルー・ワンダフルラッシュ

2軍馬=ハナフブキ・マジックシャトル・レッドルモンド
 
函館競馬第11RのUHB杯(3歳以上・1000万以下・芝1200m)は荒れると予想して少し手厚く買うのがベスト。その中での一番手はここ6走全てで0.5秒差と大きくは負けていない〈ホッコーサラスター〉だろう。ヨハネスブルグ×ダンシングブレーヴと洋芝も問題なく、戦ってきた相手を考えれば混戦の最有力候補だと考える。

さらに軽斤量が魅力の〈アスペンサミット〉と〈ワンダフルラッシュ〉に加えて、短距離替わりで2勝の〈アドマイヤゴッド〉、力のいる馬場が向きそうな〈ウォーターショパン〉と〈ゴースルー〉の計6頭を買い目に入れる。
 

対象レース④パラダイスステークス|東京11R

 
ミッキーラブソング(牡5歳)

ミッキーラブソング(牡5歳)

父:キングカメハメハ
母:コイウタ
母父:フジキセキ
所属:橋口慎介厩舎(栗東)
via google imghp
 
1軍馬=ミッキーラブソング・マイネルアウラート・バクシンテイオー

2軍馬=ショウナンアチーヴ・ホウライアキコ・ゼウス
 
このレースは圧倒的人気が予想される〈ミッキーラブソング〉の一頭で固いと考えて良さそうだ。初の関東圏への輸送や、斤量57kgの懸念材料はあるが、充実期を迎えつつある今なら簡単にこなしてくれるだろう。ここは圧勝を期待する。

他に前々走の東京新聞杯3着の〈マイネルアウラート〉と堀宣行厩舎の〈バクシンテイオー〉の2頭を期待込みで買ってみる。
 

対象レース⑤宝塚記念|阪神11R

 
ドゥラメンテ(牡4歳)

ドゥラメンテ(牡4歳)

父:キングカメハメハ
母:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
via google imghp
 
1軍馬=ドゥラメンテ・シュヴァルグラン・トーホウジャッカル

2軍馬=マリアライト・アンビシャス・ラブリーデイ・キタサンブラック・ステファノス
 
宝塚記念の本命は〈ドゥラメンテ〉。海外遠征からの帰国初戦となるが、昨年の皐月賞や日本ダービーでの勝ち方を見ると、秘めた能力は国内ではナンバーワンだと考える。今年は悲願の凱旋門賞制覇を目指していることからここでは負けられない。

その他に前走の天皇賞・春で初G1ながらも良い伸び脚をみせ、今回は得意の阪神コースに加えて2200mへの距離短縮で力を最大限に発揮できそうな〈シュヴァルグラン〉、2014年の菊花賞馬で消耗戦に滅法強く、ここにきてようやく復調の兆しをみせている〈トーホウジャッカル〉の完全復活を期待して3頭を推奨する。
 

WIN5買い目:4-3-6-3-3 計648点

関連記事

関連タグ

著者