コース見解

 
小倉競馬場・芝1200mコース図

小倉競馬場・芝1200mコース図

《勝ちタイム平均/レース上がり平均/勝ち馬上がり平均》

・3歳未勝利=1.09.0/35.4/35.0
・混合500万=1.08.4/34.9/34.5
・混合オープン=1.07.2/34.6/33.7
via google imghp
 
スタートからやや下りでスピードも出やすく、3コーナーまでが約500m弱もあるので先行争いがかなり速くなる。しかも4コーナーまでの部分も下りとなっておりペースが落ちないまま直線に入るため前も残りやすい。但し、馬場状態や開催時期によっては決まる脚質がガラリと変わって来るので、事前に直近の芝レースの展開をチェックしてから各レースの展望に入るのがベストだろう。
 

タイム・ラップ見解

 
野芝でスピードが出やすく、オープンクラスなら6秒台も頻出する。なので、速い持ちタイムがないと先ず勝負出来ない。要は後半のラップよりも前半のラップが叩き出せる馬の方が有利なコースである。逆にそういった馬がやり合って後方からの追い込みが一気に決まるレースもあるので展開予想が難解なコースでもある。
 

枠順見解

 

枠/勝率/連対率/複勝率

 

1枠 6.4% 13.3% 20.4%

 

2枠 7.7% 13.9% 18.3%

 

3枠 6.4% 14.3% 20.2%

 

4枠 6.8% 12.6% 20.0%

 

5枠 6.8% 12.9% 20.6%

 

6枠 5.2% 10.4% 17.6%

 

7枠 6.3% 12.7% 18.4%

 

8枠 5.3% 11.4% 16.6%

 

種牡馬見解

 
サクラバクシンオー

サクラバクシンオー

父馬:サクラユタカオー
母馬:サクラハゴロモ
母父:ノーザンテースト

主な産駒:グランプリボス、ショウナンカンプ、ビッグアーサー、ダッシャーゴーゴーなど
via google imghp
 
【サクラバクシンオー】
勝利数はダントツのトップ。このコースとなれば出走頭数も相当数多いが、それでも複勝率で25%にまとめて来ているのはさすがだ。その上、単勝の回収値で100近くを記録している辺りは短距離路線の信頼度・馬券貢献度で言えばディープインパクトの全体的なデータをも凌ぐ。先ず持って安心の出来る種牡馬だろう。
 
キンシャサノキセキ

キンシャサノキセキ

父馬:フジキセキ
母馬:ケルトシャーン
母父:Pleasant Colony

主な産駒:シュウジ、バシレウスライオン、アドマイヤモラールなど
via google imghp
 
【キンシャサノキセキ】
出走頭数はさすがにサクラバクシンオーと比べると劣るが、連対率に関しては33%を記録している短距離の次世代を担う種牡馬。複勝率は何と44%だ。3連複系の軸馬にするには最適の1頭だろう。但し、単勝の回収値は46%とかなり低くなるので頭からは狙わない様に気を付けたい。
 
ホワイトマズル

ホワイトマズル

父馬:ダンシングブレーヴ
母馬:Fair of the Furze
母父:Ela-Mana-Mou

主な産駒:シルポート、ビハインドザマスク、メリッサなど
via google imghp
 
【ホワイトマズル】
長距離血統かと思いきや、短距離の快速馬も輩出しているホワイトマズル。余り人気のしないキャラクターだけに、その単勝回収値は何と600オーバー。馬柱で見かけたら積極的に頭から勝負して行きたい種牡馬だろう。但し、単勝率自体はさほど高くないのでその点は頭に入れておきたい。
 
フレンチデピュティ

フレンチデピュティ

父馬:Deputy Minister
母馬:Mitterand
母父:Hold Your Peace

主な産駒:レジネッタ、サンアディユ、ピンクカメオなど
via google imghp
 
【フレンチデピュティ】
当該コースの特注種牡馬はこちら。複勝率が30%超えで、単複の回収率は100オーバーとかなり完璧に近い数値を叩き出している。出走頭数は少なめだが、レースに出ていれば是が非でも抑えておきたい種牡馬だ。出来る事なら3連複系の軸で展開して行きたい。
 

まとめ

 
枠順についてはやや内枠有利か。しかし、小倉競馬場は開催時期によって極端に有効な脚質が変わって来るのでそこは直近のレースを参考にして考えて行きたい。

基本的には逃げ・先行が圧倒的に強い。レース展開も前に行く馬を先ずは洗い出して予想に入って行くと良いだろう。
 
☆ポイント☆
・逃げ、先行が圧倒的に有利
・枠順による有利不利はほぼなし
・川田、浜中、藤岡康騎手が得意

関連記事

関連タグ

著者