土曜阪神・芝1400m

 

キャラバン(牡2歳)

 
キャラバン

キャラバン

父:ダイワメジャー
母:バランセラ
母の父:Acatenango
調教師:石坂正(栗東)
馬主:馬場幸夫
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
ディープインパクト産駒の半姉ビッシュは先週の紫苑S(G3)を制するなど3歳世代でもトップクラスの逸材。小柄で非凡なキレ味が武器のビッシュに比べて、弟のキャラバンは480kgほどの雄大な馬体から繰り出す力強いフットワークが魅力。陣営は「ゲートが速く、前向きな気性。スピードがあって、しぶとい。併せてからの勝負根性もいい」と高い素質を評価しており、先々まで大いに期待できそう。鞍上にはC.ルメール騎手を予定。
 

ディープウィンダム(牡2歳)

 
ディープウィンダム

ディープウィンダム

父:Exceed And Excel
母:Estephe
母の父:Sadler’s Wells
調教師:池添学(栗東)
馬主:深見敏男
生産者:桜井牧場
via google imghp
 
父のExceed And Excel(エクシードアンドエクセル)は現役時代にオーストラリアの短距離G1で2勝を挙げた実績馬。母のEstephe(エステフ)は現役時代にアイルランドで競走生活を送っていたが、通算13戦1勝で引退した模様。このディープウィンダムは初仔にあたる。
ディープウィンダムを管理する池添学師は「乗り味が良くスピードがあり、それを持続して勝負するタイプ。短い距離が活躍の場でしょう」とスプリンターとして期待できる一頭。調教では併せた相手にきっちり先着しており、この時期の出来としては悪くはない。鞍上にはM.デムーロ騎手を予定。
 

日曜阪神・芝1800m

 

ザウォルドルフ(牡2歳)

 
ザウォルドルフ

ザウォルドルフ

父:ディープインパクト
母:ウィーミスフランキー
母の父:Sunriver
調教師:友道康夫(栗東)
馬主:大塚亮一
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
母のウィーミスフランキーは現役時代にアメリカのダートG1を2勝した実績馬。通算5戦3勝で引退した後は日本へ輸入され、初年度はディープインパクトと交配。その間に誕生したのがザウォルドルフになる。セレクトセールでは1億5120万円(税込み)の高値がつき、POGでも上位人気を集めるなど注目度はかなり高い。
管理する友道康夫師は「ディープインパクトの産駒らしく、背中の乗り味は文句なし。自分からハミを取って走る前向きさが出てきた。長めの距離が合っていそうなタイプ」と高く評価しており、大きいところを狙える逸材であることは間違いないだろう。鞍上にC.ルメール騎手を配して初陣を飾れるか。
 

スティッフェリオ(牡2歳)

 
スティッフェリオ

スティッフェリオ

父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母の父:Mtoto
調教師:音無秀孝(栗東)
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム
via google imghp
 
ディープインパクト産駒の半姉サプルマインドは昨年の新潟新馬戦を快勝して一時はクラシック戦線の主役候補まで挙がった逸材で、このスティッフェリオも競馬関係者からの注目度が高い一頭。調教では厩舎の先輩であるダノンリバティを相手に最後まで食い下がる走りを見せており、初戦から力を出せそうな感じがする。ただ、結構かかり癖があるようなので、それが影響しなければ良いが。鞍上には松若風馬騎手を予定。
 

アグネスウイン(牡2歳)

 
アグネスウイン

アグネスウイン

父:ホワイトマズル
母:アグネスパサー
母の父:エルコンドルパサー
調教師:長浜博之(栗東)
馬主:渡辺公美子
生産者:社台ファーム
via google imghp
 
この新馬戦の出走組で好時計を出しているのが、ホワイトマズル産駒のアグネスウイン。2週前は馬なりでCW6F82秒台、5F65秒台、1週前は一杯に追って6F80秒台と上々の出来にある。
3代母はデビューから無敗で桜花賞を制したアグネスフローラ、4代母はオークス馬アグネスレディー、祖母の弟にはダービー馬アグネスフライト、皐月賞馬アグネスタキオンと名馬がズラリと並ぶ。最近は一族から活躍馬が出ていないだけにアグネスウインにかかる期待は大きい。鞍上には松山弘平騎手を予定。
 

日曜中山・芝1600m(牝馬限定)

 

マイティーキュート(牝2歳)

 
マイティーキュート

マイティーキュート

父:ダイワメジャー
母:マイティースルー
母の父:クロフネ
調教師:田村康仁(美浦)
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
中山ではダイワメジャー産駒のマイティーキュートに注目が集まる。管理する田村康仁師は「牧場ではメジャーエンブレムに続ける馬と、高く評価されている1頭。能力は高く、将来性がある」と厩舎の先輩で今年のNHKマイルCを制したメジャーエンブレムに続けるか。鞍上にはリーディングトップの戸崎圭太騎手を予定。
 
その他では、半兄にシャイニングレイがいるダノンクライム(牡2歳・父ヴィクトワールピサ)と半兄にダローネガがいるフリーダムベル(牡2歳・父ヴィクトワールピサ)、タピゾー(牡2歳・父Tapizar)が土曜阪神・ダート1800mでデビューする。

関連記事

関連タグ

著者