10月24日に東京・阪神・新潟で行われた新馬戦全5レースの勝馬は、以下の通りです。


<東京4R>(ダ1600m)

⑬オメガブルーム(牡、栗東・安田翔悟)

鞍上:石川裕紀人

タイム:1分39秒9(良)

父:サトノアラジン

母:レッドルンバ その父: Red Ransom

コメント:2番手から抜け出す正攻法の競馬で勝利。石川騎手は「いいものがあるし、中身が緩いので、これからどんどん良くなっていきそう」と評価しています。


<東京5R>(芝1600m)

⑯プレサージュリフト(牝、美浦・岩戸孝樹)

鞍上:大野拓弥

タイム:1分36秒7(良)

父:ハービンジャー

母:シュプリームギフト その父:ディープインパクト

コメント:大野騎手は「ゲートの開閉に少しびっくりする面があったが、そのあたりは慣れてくるのでは。オンとオフが利いた走りで、折り合いも問題ない」とコメントしています。


<阪神4R>(芝1600m)

⑦スプリットザシー(牝、栗東・西村真幸)

鞍上:川田将雅

タイム:1分34秒7(良)

父: ディープインパクト

母:ランドオーバーシー その父: Bellamy Road

コメント:川田騎手は「ディープ産駒らしい走りを見せてくれた」とし、「性格がとても難しい馬で、精神的な成長が欲しい」と評価しています。


<阪神5R>(芝1800m)

⑦リアド(牡、栗東・友道康夫)

鞍上:福永祐一

タイム:1分47秒3(良)

父:ディープインパクト

母:タイタンクイーン その父: Tiznow

コメント:19年のセレクトセールで最高額の4億7000万で落札された馬。福永騎手は「まだいいフォームではないが改善されると思う。伸びしろを感じる」とコメントしています。


<新潟5R>(ダ1200m)

⑫アルファマム(牝、栗東・佐々木晶)

鞍上:亀田温心

タイム:1分11秒8(不良)

父:マジェスティックウォリアー

母:ダイオプサイド その父:フジキセキ

コメント:亀田騎手は「砂をかぶるのを気にして内へモタれた」ことが課題であるとし、それが矯正されれば「もっと良くなると思う」とコメントしています。

関連記事

著者