有力馬情報(厩舎・騎手コメント)

 
●アストラエンブレム
管理する小島茂之調教師は「デビュー当初は牝馬のような繊細さがありましたが、経験を積んでメンタル的にも改善されてきました。乗り味はとてもしなやかでダイワメジャーの良い面が出ているのだと思います。良い状態で臨めるのでここを勝ってNHKマイルに向かいたいです。」と意気込んでいるようだ。

●レインボーライン
若松厩務員は「飼葉をしっかり食べているし、調教も順調に来ています。坂のある中山も大丈夫でしょう」とコメント。中山競馬場は初めてになるが、阪神で2勝しているように急坂を苦にするタイプではなさそう。
 

レース展開

 
スタートから2コーナーまでの距離が長いので先行争いが激しくなるケースがある。4コーナーまで下り坂のため、ペースは落ちづらく、直線の半ばには急坂がある。狙い目としては一瞬の脚で差せる馬が上位争いに絡んできそうだ。

今年は純粋な逃げ馬がいなく、スローペースになる可能性が高い。全てはスタート次第だろうか。有力馬ではダンツプリウス、キャプテンペリー、ショウナンライズあたりが前目のポジションにつきそう。アストラエンブレム、レインボーライン、ハレルヤボーイなどは後方からの競馬になりそうだ。
 

ニュージーランドT予想

 
◎サーブルオール

◎サーブルオール

父:ハービンジャー
母:モンローブロンド
母父:アドマイヤベガ

過去3戦全て中山競馬場で走っておりコース適正は抜群で大きなプラス材料になりそう。唯一敗戦を喫した若竹賞は勝ち馬に0.2秒差の4着と悲観する内容ではない。前走の黄梅賞は前半少し折り合いを欠いたものの、直線で前が開くと豪快に差し切ってみせた。2着ダノンスパークと3/4馬身差ではあったが、余力は充分で着差以上に強い内容だった。
via google imghp
 
◯キャプテンペリー

◯キャプテンペリー

父:クロフネ
母:メイグレイス
母父:ネオユニヴァース

クロフネ譲りの大きくダイナミックな走りが特徴で長くトップスピードを持続させることができる馬だ。前走のように好位2.3番手を取れれば、勝ち負けできる能力は持っているはず。過去に互角に戦ってきたプロディガルサンは東京スポーツ杯2歳S2着、ケルフロイデは京成杯2着と好走しているように、間違いなく重賞でも通用するだろう。
via google imghp
 
▲カープストリーマー

▲カープストリーマー

父:ダイワメジャー
母:キッズトゥデイ
母父:Siphon

前走の中山500万以下では7番人気の低評価覆し優勝。中山適性の高さを示した。500キロ近い馬体でスピードとパワーを持っている。1600mでは(1.2.0.0)と得意にしており、スッと好位を取れるのも魅力だ。前走のこぶし賞は1分38秒6と時計がかかってしまったが、早い時計が出る展開になれば十分上位に食い込んでくるだろう。
via google imghp
 
△ダンツプリウス
前走のアーリントンCでレインボーラインにハナ差2着と重賞制覇まであと一歩だった。過去9戦で掲示板を外したのは京都2歳Sのみで堅実な走りをみせている。立ち回りの良さも魅力でトリッキーな中山コースも大丈夫だろう。毎回直線では素晴らしい末脚を繰り出しており、道中しっかり脚を溜めれれば上位争いに絡んできそうだ。

△アストラエンブレム
母は2008年の秋華賞馬ブラックエンブレムという良血馬。陣営は1600mがベストと考え、ニュージーランドTからNHKマイルのローテーションを組んだ。以前より入れ込みが改善され、パドックでも落ち着いて周回できるようになってきた。デビューから5戦、一度も4着以下はなく、終いはいい脚を使ってくるあたり能力はトップレベルだろう。前走は絶好のスタートからハナを切ったが、今回は本来の控える競馬をしてきそうだ。



☆馬連ボックス買い目☆
1-3-5-7-9-10-12-15 8頭計28点
 

ニュージーランドT出走馬&予想オッズ

 
①マディディ 三浦(56) 36.0
②レインボーライン 内田博(56) 4.1
③アストラエンブレム 田辺(56) 2.1
④エクラミレネール 北村宏(54) 121.2
⑤ダンツプリウス 丸山(56) 4.8
⑥モンスターキング 石川(56) 229.0
⑦キャプテンペリー 大野(56) 26.0
⑧ストーミーシー 江田照(56) 261.0
⑨サーブルオール 柴山(56) 10.2
⑩ショウナンライズ 横山典(56) 25.2
⑪ハレルヤボーイ 吉田豊(56) 15.5
⑫カープストリーマー 岩田(56) 48.2
⑬ジュンザワールド 田中勝(56) 223.0
⑭ボールライトニング 蛯名(56) 8.9
⑮マテラアリオン 松岡(56) 269.3
⑯ダノンスパーク 石橋脩(56) 48.4

関連記事

関連タグ

著者