略歴

 
細江純子

細江純子

生年月日:1975年3月12日
出身地:愛知県蒲郡市

1996年デビュー。牧原由貴子と共に「花の12期生」として注目され、お茶の間でも人気となった女性騎手の元祖火付け役とも呼ぶべき存在の一人。現在は「ホースコラボレーター」として、競馬番組や各イベントなどに引っ張りだこである。

騎手としての通算成績は493戦14勝。
via google imghp
 
初勝利時の細江純子氏

初勝利時の細江純子氏

何とも初々しいではないかw

ちなみに、デビュー年は計3勝を挙げており、現時点で藤田菜七子騎手に並ばれている。但し、女性騎手として初めて海外(シンガポール)で勝利するなど、その功績は今でもキラリと輝いている。
via google imghp
 

現在の肩書は「ホースコラボレーター」

 
「ホースコラボレーター」

「ホースコラボレーター」

現在は評論家・解説者として番組出演や雑誌などでの執筆活動を精力的に行っている。これは、引退後の去就に悩んでいた時の武豊騎手からのアドバイスが大きく影響したらしい。

馬の事を「くん・ちゃん」付けで呼ぶ独特の表現方法や、元騎手が成せる的確な分析や評価のコメントなどで一部の競馬ファンから絶大な信頼を得ている。
via google imghp
 
いつの間にか女性の顔へ

いつの間にか女性の顔へ

デビューしたての頃と比べたら相当綺麗な女性の雰囲気。ネットの住人からは「究極の晩成型」と評され話題にもなっているとかw

経歴や見た目のイメージとは違って、紙面での寄稿や自身のブログでは予想外の下ネタをぶっ込むなど、何かと色々面白い一面を見せてくれるエンターテイナーでもあるwww
via google imghp
 

当時の女性騎手のトレカ画像(花の12期生版)

 
細江純子騎手

細江純子騎手

見よ、この男前っぷりwスッピンも相まって、女性感ゼロwww

強いて挙げればピンクっぽい勝負服を来ている辺りか。…それは馬主によるもので、女性がどうとかは関係ない。それにしても、何だろう。このシンプルさ。
via google imghp
 
牧原由貴子騎手

牧原由貴子騎手

この全体的な推し感w

まぁ、元々タレント並みに可愛かったという事も含めてJRAが大々的にプッシュしていたのもありますが…でも、女性アピール度で言うと細江氏の100倍以上も華やかですwww
via google imghp
 
田村真来騎手

田村真来騎手

いやいや、写真選定に悪意感じるわw

カメラ目線じゃないのはまだ目を瞑れたとしても、この微妙に笑ってる所とかチョイスする必要ありますかね??どう考えたって自身で選んでいるとは思えません。それでも、細江氏に比べると全体的な雰囲気は女性感アリwww
via google imghp
 

自称「蒲郡のチャン・ツィイー」??

 
画像比較①

画像比較①

via google imghp
 
画像比較②

画像比較②

via google imghp
 
…いや、割とガチで似てんなwww

これ、よく芸能人で誰かと似てるって比較されてるサイトに全然混じれるレベルです。自称だろうが誰かが言おうが、納得のレベルです。って事は、ホソジュンも日本はおろかアジアでもトップ取れるって事ですよね??
 
画像比較③

画像比較③

via google imghp
 
画像比較④

画像比較④

via google imghp
 
しかしながら、巷ではそんな事はよそにAKBとNMBを兼任するトップアイドル"さや姉"こと山本彩と似ているとの声がチラホラ浮上している。それを本人に告げると、「さや姉ってどなた??永作博美に似ているとは言われるけどね」と衝撃の答えが返ってきたらしいw

な訳ねーだろwと思って検証してみたが、うーん…どっちもまんざらでもないような気がして来ましたwww
 

まとめ

 
デビュー時

デビュー時

via google imghp
 
現在

現在

via google imghp
 
画像連発で申し訳ありませんが、確かに「究極の晩成型」と言われるのも頷けます。

デビュー時と現在の装いが全くの別人。現在の方はちょっとした色気も漂わせております。明らかにフィールドが違い過ぎますけどねwでも、お顔にも毅然とした女性の佇まいみたいなものが感じられ、この⑩年単位で物凄い変化があったのは間違いありません。急成長です。さしづめ、人間版メジロマックイーンと言った所でしょうかw

何より、引退後もこうして世間の注目を集めておられる事自体が素晴らしいのひと言。これからも更なるホソジュンワールドを開拓して我々の目線を釘付けにして欲しいと思います。

関連記事

関連タグ

著者