栗東・谷潔厩舎所属の西谷凛騎手が、23日の福島1Rでダンツカプリに騎乗した際、負荷重量に関する注意義務を怠ったとして、24日から裁定委員会の議定があるまで騎乗停止となりました。


 西川騎手は、1R前の検量で定められていた53kgを0.2kg超過していたことが判明していましたが、施行規定によりレースには騎乗。レース終了後の聴取で、保護ベストのクッションを抜いていたことも判明しました。


関連記事

著者