1月29日(日) 東京芝1800m

 

◆サトノマックス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)

 
サトノマックス

サトノマックス

父:ディープインパクト
母:ラシャルマンテ
母父:Indygo Shiner
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
写真は当歳時のものだが、とてもバランスが良く立ち姿が綺麗な印象。半兄にカレンマタドール(父マンハッタンカフェ)とエバーシャルマン(ハーツクライ)がいる血統背景。兄2頭は500万下勝ちが最高成績だが、本馬は父がディープインパクトに変わって新味を出してくれそうだ。セレクトセールでは7200万円の値が付き、陣営は「バネのある動きでかなりの瞬発力を持っている」と大きな期待を寄せる。”サトノ軍団の最終兵器”が幸先良いスタートを決めれるか。鞍上は石橋脩騎手。
 

◆レッドヴィクター(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)

 
レッドヴィクター

レッドヴィクター

父:ディープインパクト
母:レジュールダムール
母父:Kingmambo
馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム
via google imghp
 
昨年の2歳牡牝GⅠをサトノアレス、ソウルスターリングで制した藤沢厩舎から、それ以上の大物と噂されるレッドヴィクターが満を持して登場。東京HRの同世代の中では最高額となる8000万円の値で募集された期待馬で、素質の片鱗は育成時代から見せていた。ここまで入念に調整され、ようやくデビューまでこぎ着けた本馬だが、ダービー参戦を叶えるには一つも躓けない。牡馬ではサトノアレスとレイデオロが、牝馬ではソウルスターリングの僚馬が早くも世代のトップに君臨している。この3頭に肩を並べるためにもデビュー戦は是が非でもものにしたいところ。鞍上はC.ルメール騎手。
 

◆コルヴァッチ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)

 
コルヴァッチ

コルヴァッチ

父:ディープインパクト
母:シェンク
母父:Zafonic
馬主:寺田寿男
生産者:社台ファーム
via google imghp
 
またしてもディープインパクト産駒だが、関西所属のコルヴァッチは東上してのデビュー戦。半兄に重賞2勝のマルカシェンク(父サンデーサイレンス)と全兄に昨年の中京記念を制したガリバルディがいる血統。ここまでデビューが遅れたが、「血統馬らしい雰囲気がある。距離もこのくらいが良さそう」と陣営。セレクトセールでは9000万円弱で落札された高額馬で、先々まで楽しみな一頭。鞍上は戸崎圭太騎手。
 

その他の注目馬

 
◆レッドラーザム【牡3、栗東・音無厩舎、父ゼンノロブロイ、母アグネスラズベリ(エアジハード)】
母アグネスラズベリは、函館スプリントSなど短距離戦で8勝を挙げた実績馬。父がゼンノロブロイに変わって距離に融通が利きそう。土曜京都芝1600mを浜中俊騎手で予定。
 
◆テンモース【牝3、栗東・飯田祐厩舎、父Speightstown、母Lemon Kiss(Lemon Drop Kid)】
2、3週前から好時計を連発しており初戦から態勢は整った。飯田祐厩舎の期待馬で、武豊騎手の都合に合わせてデビューを伸ばしたとの噂も。日曜京都ダート1200mを予定。
 
◆シュクラ【牡3、栗東・松永幹厩舎、父エンパイアメーカー、母レッドスレッド(パントレセレブル)】
半兄にOP馬アングライフェン(父ステイゴールド)、近親にダートGⅠ3勝のトランセンドがいる血統。土曜京都芝1600mを予定。

関連記事

関連タグ

著者