馬体診断

 
アゲヒバリ2014 ♂ (馬名:ダノンディスタンス)

アゲヒバリ2014 ♂ (馬名:ダノンディスタンス)

父馬:ルーラーシップ
母馬:アゲヒバリ
母父:クロフネ
所属:佐々木晶厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:ダノックス
via google imghp
 
馬体重は500kgを超える雄大な馬体。かと言って、決して重たそうな雰囲気は感じさせず、むしろ柔らかく機敏な動きをイメージさせる様な見た目だ。実際、調教でも素軽いフットワークを見せており周囲の評価は高い。但し、トモ回りの作りがまだ幾分か緩い印象でこれからの成長次第でまだ大きくなる可能性がある。底知れぬ馬である事は間違いないだろう。
 

血統構成

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
アゲヒバリ クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
トゥザヴィクトリー サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
フェアリードール Nureyev
Dream Deal


 

兄弟馬

 
メドウラーク 牡5歳

メドウラーク 牡5歳

父馬:タニノギムレット
母馬:アゲヒバリ
母父:クロフネ
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:吉田勝己

通算成績:19戦5勝(5-4-0-10)
主な勝鞍:ジューンSなど
via google imghp
 

近親馬

 
トゥザグローリー 牡

トゥザグローリー 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:33戦8勝(8-2-2-21)
主な勝鞍:鳴尾記念、日経新春杯、日経賞、京都記念、中日新聞杯など
via google imghp
 
トゥザワールド 牡

トゥザワールド 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝(4-5-0-3)
主な勝鞍:弥生賞、皐月賞2着、有馬記念2着など
via google imghp
 

血統評価:1.8pt

 
繁栄ファミリーのフェアリードール属メインのトゥザヴィクトリーを祖母に持つわけだが母父クロフネがやや見劣る。メドウラークを出しているのでファミリーを考えてもルーラーシップでどうでるかは楽しみである。
 

前評判

 
周囲の評価としては、「兄・メドウラーク同様にこの時期は緩さが感じられますね。まだ体の使い方が完全ではないんですが、それでも乗り味は非常に柔らかいですし馬体の作り自体は文句ありません。これからグングン良くなって来そうですよ。長距離に対応出来る馬だと思います」と、上々のコメントを残している。現在のところ、デビューは9月の阪神開催を目指しているとの事。
 

馬名の由来

 
【意味】…冠名+長い道のりを着実に走り続ける事を期待して

ベタなネーミングではあるが、ある意味でダノンの響きとピッタリのイメージ。これは走ってくれば耳馴染みが良いので人気の出そうな名前の予感。
 

編集部内の評価

 
クロフネ×ルーラーシップと、如何にも大型でパワータイプの馬というイメージ通りの馬体。その割には、まだ体に成長の伸びシロが見られそうでどこまで成長するのかある意味で楽しみだ。しかし、新種牡馬でまだ未知数な点が多いルーラーシップに、繁殖実績のない母の産駒は手を出し辛い。(田中)
 
兄メドウラーク1頭だけだとPOG10選の候補には弱すぎる。父ルーラーシップは好発進しているといえるがクロフネとの掛け合わせだと魅力半減。(大川)

関連記事

関連タグ

著者