馬体診断

 
ラヴェリータ2014 ♂ (馬名:ワンフォーオール)

ラヴェリータ2014 ♂ (馬名:ワンフォーオール)

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴェリータ
母父:Unbridled's Song
所属:松元茂樹厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズ(新冠町)
馬主:ノースヒルズ
via google imghp
 
馬体自体は芦毛で判断しにくい面はあるが、それでも全体的なバランスはよく映る。母の血を受け継いでいるのか見た目は如何にもダートが向きそうなパワータイプに思えるが、実際のは手先も軽く芝でキレそうなフットワークをしているとの事。そういう意味では、芝・ダート兼用で上を狙える好素材とも言える。まだまだ緩さもあり、これからの成長も大きく期待出来そう。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ラヴェリータ Unbridled's Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
Go Classic Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Seattle Classic Seattle Slew
Classy'n Smart


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ハッピースプリント(地方ダGⅠ1勝など)
スマートストライク(米GⅠ勝ち・種牡馬)
 

血統評価:1.0pt

 
母は交流重賞馬、近親にはスマートストライクがいるもののパンチ力不足。父がディープにかわってどこまでかわるかだが、姉は父ゴールドアリュールで結果出ていないので正直現時点で前評判が高かろうが血統背景からプッシュ出来る馬ではない。
 

前評判

 
何と言っても、あの名オーナブリーダーであるノースヒルズグループの代表・前田幸治氏が今年の1番馬に挙げる逸材。週刊ギャロップのPOG特集本でも巻頭で大きく取り上げられている程、多方面から期待が注がれている。そんな周囲の注目度をよそに、当の本馬は如何なる環境下においても普段と変わらぬ落ち着きを見せており、既に大物感すら漂わせていると言う。同グループでキズナ以来のクラシック制覇の可能性も十分に有り得る。
 

馬名の由来

 

ワンフォーオール

 
【意味】…1人は皆のために、皆は1人のために。

ラグビー用語で、チームプレーのあり方を説くフレーズ。生産牧場、育成牧場、厩舎関係者など多くの人々の力によって逞しく鍛えられた馬となり、その全員の為に強く大きく羽ばたいて欲しいという願いを込めてネーミング。期待の大きさが伺い知れる。
 

編集部内の評価

 
既に先日の記事でも触れたが、今週末に福永騎手鞍上でデビューが決定している。本指名するならもう期限がない。調教も良い動きを見せており、その評価に違わぬポテンシャルは間違いなく秘めていよう。後は実戦に行ってどうかという所だが、余程の事がない限り無様な競馬はしないと予想する。さて、皆さんの胸中や如何に??(田中)
 
馬名は普通、厩舎も普通。芝でやるのかダートでやるのかって事になるわけだがファミリー的にはダート一択、ディープインパクト産駒で芝対応出来るかも不明確なので選択候補にあがる事はない。兄弟活躍馬がいないのでPOG向きではない。(大川)

関連記事

関連タグ

著者