R・ムーアと共にレースに挑むハイランドリール

R・ムーアと共にレースに挑むハイランドリール

父馬:Galileo
母馬:Hveger
母父:デインヒル
所属:Aidan Patrick O'Brien厩舎(愛)
生産:Hveger Syndicate(愛)
馬主:Deriick Smith & Mrs.John Magnier & Michael Tabor

通算成績:15戦6勝(6-3-1-5)
主な勝鞍:セクレタリアトS、香港ヴァーズ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSなど
via google imghp
 

レース映像(ハイライト)

 

2016年7月23日 KG6世&QES 芝2400m 良

1着:ハイランドリール(ムーア)
2着:ウイングスオブディザイア(デットーリ)
3着:ダートマス(ペリエ)

レースタイム:2.28.97
 
【レース回顧】
有力候補だったポストポンドが出走回避。繰り上げで1番人気に支持されたハイランドリールが、イラプトなどの強豪を悠々と退け、KG6世&QESを圧巻の逃げ切り勝ち。名手、R.ムーアの絶妙なペース配分とラストの追いに応えて、昨年末の香港ヴァーズ以来、約半年ぶりの勝利を飾った。

注目されていたエリザベス女王所有のダートマス(ペリエ)は、直線で外から鋭く伸びるも前の2頭を捉えられず離された3着に終わる。
 

凱旋門賞で兄弟対決??

 
ハイランドリールの全弟・アイダホ

ハイランドリールの全弟・アイダホ

今年の英ダービー・愛ダービーであのハーザンドと接戦を演じたアイダホ。

本馬も凱旋門賞へと向かう予定をしており、このまま両馬順調に駒を進めれば本番では有力馬同士での兄弟対決も見られるかも??

同レースに出走を予定しているマカヒキにとっては、協力なライバルとなりそうだ。

それにしても、2頭の主戦でもあるR.ムーア騎手はどっちを選ぶのだろうか…(もう1頭の有力候補・マインディングもR.ムーア主戦w)
via google imghp
 

その他の凱旋門賞有力候補

 
ポストポンド 牡5歳

ポストポンド 牡5歳

父:Dubawi
母:Ever Rigg
母父:Dubai Destination

今回、連覇を狙ったが呼吸器の軽度な感染症で出走を回避したポストポンド。次走は8月のインターナショナルSに矛先を変え調整を進めて行くとの事。予定では、早くもこの時点でハイランドリール&アイダホ兄弟とぶつかる可能性もある様だ。
via google imghp
 
ハーザンド 牡3歳

ハーザンド 牡3歳

父:Sea the Stars
母:Hazariya
母父:Xaar

今年の愛英ダービーを連覇した最強のヨーロッパクラシックチャンピオン。次走はインターナショナルSかニエル賞の両睨みと言われており、後者であればマカヒキとの直接対決が本番を前にして見られるかも知れないのである。
via google imghp
 
マインディング 牝3歳

マインディング 牝3歳

父:Galileo
母:Lillie Langtry
母父:Danehill Dancer

そして、現在GⅠを5勝している怪物牝馬のマインディング。例年、斤量の恩恵で3歳牝馬の活躍が著しいが、この馬はそれがなくとも普通に好勝負出来そうな程の実力馬=現時点での最有力後とも言える。ちなみに、本馬の主戦もR.ムーア騎手。
via google imghp
 
今年の凱旋門賞は例年以上に各国の強豪が出走予定。

前売りオッズでは、今年のドバイシーマクラシック覇者のポストポンドが1番人気。次いで、英・愛ダービーを制覇したハーザンドが2番人気、今年の英1000ギニー・英オークスなどGⅠを5勝挙げているマインディングが3番人気となっている。特に凱旋門賞で無類の強さを誇る3歳牝馬という事で、このマインディングが何かと注目を集める事になりそう。

以下、ユーエスアーミーレンジャー、ニューベイと続き我らがマカヒキは6番人気。今回のハイランドリールの勝利でも同馬は7番人気タイとなっており、如何にマカヒキの評価が高いかお分かり頂けるだろうか。

勿論、この後の各前哨戦の結果次第でオッズにも随時変動があるので、またそこは改めて馬券を買う時の参考用記事として取り上げたいと思う。
 

まとめ

 
とにもかくにも、ハイランドリールよりR.ムーア騎手のお手馬が凄過ぎて笑ってしまいましたw

日本ダービーでも有力なお手馬がかち合うだけで凄い名誉な事なのに、それが凱旋門賞で3頭もいるってんですから…さすが世界的名手はレベルが違いますね。

確かに来日中でも、「え、それ持って来る??」という神騎乗を幾度と無く見て来ました。昨年のJCのラストインパクトなんてまさに“ムーアマジック”そのものであり、日本のみならず海外の馬主や調教師も彼に乗ってもらいたい一心なんだろうなと思います。

今年の凱旋門賞は日本かも馬券が買えるのですから、これを機に海外のトピックなんかも積極的に記事にして行こうかと計画中であります。どうぞ、お楽しみに♪

関連記事

関連タグ

著者