16日、阪神競馬場で<アーリントンC>(GIII・3歳・芝1600m)が行われ、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンスコーピオンが優勝しました。

 勝ちタイムは1分32秒7(良)。

 

 以下、7番人気タイセイディバイン、4番人気キングエルメスの順にゴール板を通過しています。


 勝ったダノンスコーピオンは、牡、栗東・安田隆行厩舎で、父ロードカナロア、母レキシールー、その父Sligo Bayという血統です。

 前走の<共同通信杯>では7着と悔しい結果となりましたが、今回は巻き返して重賞初制覇を果たしました。


 また、3着までに入った3頭には5月8日に東京競馬場で行われる<NHKマイルC>の優先出走権が与えられます。

関連記事

著者