レース傾向&展開

 
『東京・芝2400m』
日本ダービー・オークス・ジャパンカップといった国内のビッグレースが行われる東京・芝2400mは「JRAのチャンピオンコース」と呼ばれている。
大観衆のスタンド前のスタート地点から1コーナーまでの距離は約350mで、1コーナーから向正面の半ばまで緩やかに下っていく。
その後やや急な上り坂があるが、それを超えると再び3コーナーまで下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで、直線に入ってすぐに約160mの急な上り坂があり、残りはほぼ平坦となっている。
2000m以上走った後に、そこから一気にスピードを加速する必要があるタフなコース。
直線でのスピードと2400mをこなすスタミナが問われるレースになる。
 
『データ傾向』
・過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、東京・中山・阪神・京都で行われた芝1800m以上の重賞で優勝経験がある馬で、今年も中長距離重賞の勝ち馬に注目すべきだろう。
・過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、前走の単勝人気が4番人気以下で、5番人気以下だった馬は複勝率7.3%と苦戦を強いられている。
・過去10年の馬番成績を見ると、1~3番の馬が複勝率40%と好成績を残している。昨年の1枠1番サトノラーゼン(5番人気)が3着と好走しているように内枠の馬は要注目だ。
 
『レース展開』
2016年の日本ダービーは②マイネルハニー、⑥アグネスフォルテ、⑨マウントロブソンの先行争いが予想されるが、この中では②マイネルハニーがハナを叩くのが有力か。前目の好位に⑪アジュールローズ、⑤エアスピネル、⑭ヴァンキッシュラン、⑫リオンディーズが続き、①ディーマジェスティ、③マカヒキ、⑧サトノダイヤモンド、⑩スマートオーディン、⑱プロディガルサンらの有力馬は中団から後方のレースが予想される。
 

独自予想

 
◎マカヒキ(牡3・友道康夫厩舎)

◎マカヒキ(牡3・友道康夫厩舎)

父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ

過去4戦全てで上がりタイムがメンバー最速と世代トップの末脚が魅力。前走の皐月賞は勝ち馬のディーマジェスティより速い上がり33.9秒をマークしていることから、位置取り次第で逆転は十分に可能だろう。母系が短距離血統というのが不安ではあるが、後方からレース進めることを考えれば、東京コースへの舞台替わりが一番プラスなのはこの馬だ。川田騎手の手綱捌きに期待する。
via google imghp
 
◯ディーマジェスティ(牡3・二ノ宮敬宇厩舎)

◯ディーマジェスティ(牡3・二ノ宮敬宇厩舎)

父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム

前走の皐月賞は大外枠で8番人気ながら3強を抑えて1分57秒9のレースレコードで優勝。いくら展開が向いたとはいえ実力が無ければ勝てなかっただろう。折り合いに心配がなく、操縦性が高いので直線の長い東京コースの方がこの馬には合うし、道中じっくり脚を溜めることができれば当然勝ち負けだろう。いよいよ鞍上の蛯名騎手のダービー初制覇が間近かもしれない。
via google imghp
 
▲リオンディーズ(牡3・角居勝彦厩舎)

▲リオンディーズ(牡3・角居勝彦厩舎)

父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク

前走の皐月賞は前半1000mの通過タイム58秒4というハイペースで差し馬有利な展開のなか、掛かりながら2番手追走で5着(4位降着)と粘った走りは改めて自力の高さを証明するレースだった。前走折り合いを欠いた反省から今回は舌を縛るようなので、同じレースにはならないはず。血統面でも東京の芝2400mはこれほどまでにない舞台で、中団好位でしっかり折り合えれば突き抜ける力は十分にある。
via google imghp
 
△サトノダイヤモンド(牡3・池江泰寿厩舎)

△サトノダイヤモンド(牡3・池江泰寿厩舎)

父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen

前走の皐月賞は約2ヶ月半の休み明けに加えて直線で不利を受けての3着と敗因がはっきりわかっているので評価を下げる必要はなさそう。ダイナミックなフットワークが持ち味の馬で広い東京コースはベストだし、一回使われた上積みはありそうだ。早い段階から最大目標を日本ダービーに絞っており、皐月賞は明らかに叩き台だった。鞍上が名手C.ルメール騎手というのも心強く、里見オーナー悲願のG1初制覇なるか注目だ。
via google imghp
 
★三連単フォーメーション買い目★
①③⑫-⑧-⑤⑩⑭ 計45点
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
レーティングTOPはマカヒキで118.0。東京コースなら全力発揮できるだろう。リオンディーズは、折り合いさえつけば逆転は十分可能。そして皐月賞馬ディーマジェスティまでが115オーバーでG1格なので資格はある。そしてサトノダイヤモンドとエアスピネルが続くが、レーティングからすると差がないので人気のないエアスピネルをオススメする。またヴァンキッシュランやスマートオーディンも同様にレーティングからするとエアスピネルを買うべきだろう。
 
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 渡辺 予想オッズ
1 ディーマジェスティ 57.0 蛯名正義 116.5 3.7
2 マイネルハニー 57.0 柴田大知 102.5 245.3
3 マカヒキ 57.0 川田将雅 118.0 3.0
4 レインボーライン 57.0 福永祐一 104.0 180.4
5 エアスピネル 57.0 武豊 114.5 × × × 27.8
6 アグネスフォルテ 57.0 松山弘平 106.0 587.1
7 ロードクエスト 57.0 岩田康誠 108.3 97.6
8 サトノダイヤモンド 57.0 C.ルメール 114.5 × 3.9
9 マウントロブソン 57.0 T.ベリー 111.5 82.4
10 スマートオーディン 57.0 戸崎圭太 108.3 × × 8.8
11 アジュールローズ 57.0 H.ボウマン 103.0 268.1
12 リオンディーズ 57.0 M.デムーロ 117.5 5.9
13 レッドエルディスト 57.0 四位洋文 109.0 × 62.7
14 ヴァンキッシュラン 57.0 内田博幸 112.0 × × × 14.2
15 イモータル 57.0 石川裕紀人 104.0 302.4
16 ブレイブスマッシュ 57.0 横山典弘 101.0 713.0
17 プロフェット 57.0 浜中俊 102.5 642.1
18 プロディガルサン 57.0 田辺裕信 103.0 71.5

関連記事

関連タグ

著者