紫苑S

 
パールコード 牝3歳

パールコード 牝3歳

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:マジックコード
母父:LostCode
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:H.H.シェイク・ファハド
via google imghp
 

パールコードが4着以下に沈む確率 55%

 
【パールコード】
フローラSを2着以来の休み明けとなるが、先ずは大型馬だけに初戦からきっちり動けるかどうか。夏を順調に過ごして来た同世代の馬との調子の差は間違いなく影響される点でもある。次に、フローラSの内容。2着とはいえチェッキーノに大きく離されたものであり、同馬の素質自体がどこまでかは未だに掴めていないのが現状だ。つばき賞ではナムラシングンと接戦を演じているだけに強いとは思うが、キャリア的な部分も含めてゴチャついた展開の際に脆く崩れる可能性は十分に有り得るだろう。

後は持ちタイムが無い部分も気になる。紫苑Sは比較的速い時計での決着が多く、これまでの2000m戦は2分を切れていない所も馬が戸惑うケースは想定しておかなくてはなるまい。

川田騎手が当日はこの1戦しか騎乗予定がなく、同馬に懸ける意気込みが相当なものだという事はかなり気にはなるのだが…
 

京成杯AH

 
ロードクエスト 牡3歳

ロードクエスト 牡3歳

父馬:マツリダゴッホ
母馬:マツリダワルツ
母父:チーフベアハート
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:様似堀牧場(様似町)
馬主:ロードホースクラブ
via google imghp
 

ロードクエストが4着以下に沈む確率 60%

 
【ロードクエスト】
未だに新潟2歳Sでの勝ち方が頭に残っているのか、いささか評価が高過ぎる感のあるロードクエスト。確かにNHKマイルCの際も大外から鬼脚を見せてメジャーエンブレムに迫った事は立派だった。只、正直な所ではキャラクターが読み辛い部分もあり、その血統面からも100%信頼を置けるまでの安心感は持てない。脚質的にも展開に左右される面が強く、特に狭い中山競馬場では不発に終わる可能性も十分。

勿論、圧勝まであって良いとは思うが…今後のロードクエストの身の置き方が決まる1戦と言っても過言ではない。個人的にはNHKマイルCで高いパフォーマンスを見せた馬のその後はボチボチたまに穴を開けるタイプとなっているイメージがある。

いずれにせよ、頭で勝負か馬券圏外に飛ぶかの両極端な結果に終わるのではないだろうか。
 

セントウルS

 
ネロ 牡5歳

ネロ 牡5歳

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:ニシノタカラヅカ
母父:サンデーサイレンス
所属:森秀行厩舎(栗東)
生産:本桐牧場(新ひだか町)
馬主:西山茂行
via google imghp
 

ネロが4着以下に沈む確率 75%

 
【ネロ】
前走のアイビスサマーダッシュで2着には入ったものの、コーナーがあるコースの重賞となると少し荷が重い。アイビスサマーダッシュは個人的にG3とオープンの間くらいの位置づけなのでそこではネロも十分やれると認識していたが、こと中央のGⅢ戦ともなると掲示板が精一杯ではないだろうか。

現在の想定オッズは3番人気内だが恐らく当日で5番人気前後に落ちると思われ、そう考えると評価通りの結果に落ち着く筈。ただ、このまま想定オッズ通りだとかなり美味しい危険な人気馬となるのでサイト的には維持して欲しいものだ。

分かりやすく言えば、3走前のオーシャンSでの競馬ぶりがネロを象徴するレースと言えよう。
 

まとめ

 
以上、各レースにおける上位3位以内の危険な人気馬である。

今週の3レースの中では最も自信があるセントウルS。ネロは十中八九、馬券圏外に飛ぶだろう。飛ぶというより、ネロ自身が精一杯走った所でその前に3頭以上の馬がいるという事。メンバー構成を見ても、間違いなく格付けは終わっている。その点を無視してでも3番人気以内でオッズが確定した場合は強気に勝負しても良いレースではないだろうか。

その他の2レースに関しては筆者の願望込みでの%なので参考までにして頂けたら幸い。パールコードは意外にそこまでの実力で、ロードクエストは全体的にキャラクターが不安定感でいっぱいの馬という認識。ま、フタを開けてみれば2頭共に圧勝というパターンもなくはないが…その際はご勘弁をw

とにかく、週末の3重賞を楽しみにお待ち頂きたいと思います。

関連記事

関連タグ

著者