レース傾向・展開

 
〈中京・ダート1400m〉
この舞台で行われる重賞はプロキオンSのみと引き合いになるものが少ないので予想が難しいレース。向正面の2コーナーからのスタートで、最初の約150mは芝コースを走るため、前半からペースが早くなりやすいのが特徴。直線は約410mと東京競馬場に次ぐ長さで、高低差約2mの急坂がある。ざっくりとしたイメージだと東京競馬場と中山競馬場を合わせた感じ。想像以上にタフなコース形態で、生粋の短距離馬というよりは1600m以上で実績のある馬が好走しやすいレースになる。枠順に大きな差はないが、近年では内枠が有利で、脚質は逃げ・先行に越したことはないが、展開次第では差しも結構決まる。
 
〈レース展開〉
今年のレースは、恐らくポメグラネイトがハナを叩くだろう。先行勢にクラリティスカイ、ニシケンモノノフ、タガノトネール、ノボバカラの有力馬が続いて、末脚にかける後方勢にブライトライン、キングズガード、ワイドバッハという展開が有力だ。
 

独自予想

 

◎ノボバカラ

 
ノボバカラ(牡4歳)

ノボバカラ(牡4歳)

父:アドマイヤオーラ
母:ノボキッス
母父:フレンチデピュティ
所属:天間昭一厩舎(美浦)
via google imghp
 
デビュー以来、ダート1400m以下では3勝4着以下なしと適性の高さはメンバー上位。1600mでも2勝していることから消耗戦になっても対応できるだろう。1ヶ月の間隔を空けながらコンスタントに使われており、臨戦過程にも好感が持てる。前走の北海道スプリントCではダノンレジェンドに惜しくもハナ差で敗れたが、そのダノンレジェンドは重賞7勝目ということを考えれば、十分勝ちに等しい内容と言って良い。鞍上にM.デムーロ騎手を配した今回も勝ち負けを期待したい。
 

◯キングズガード

 
キングズガード(牡5歳)

キングズガード(牡5歳)

父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母父:キングヘイロー
所属:田中章博厩舎(栗東)
via google imghp
 
今年に入ってから目下3連勝と勢いに乗って重賞初参戦。ダート1400mでは6勝2着4回と安定感が最大の魅力だ。今回相手は一気に強くなるが、秘めたポテンシャルはこのメンバーでも十分に通用するはず。直線の長い中京コースは鋭い末脚を活かすには最高の舞台で、大幅に馬体重を減らさなければ十分にチャンスはあるだろう。
 

▲クラリティスカイ

 
クラリティスカイ(牡4歳)

クラリティスカイ(牡4歳)

父:クロフネ
母:タイキクラリティ
母父:スペシャルウィーク
所属:友道康夫厩舎(栗東)
via google imghp
 
昨年のNHKマイルC覇者で近3走は二桁着順と大敗が続いているが、実績と能力は疑いようがない。今回が初のダート戦になるが、父クロフネという血統背景からいきなりでもこなせるだろう。G1馬ということもあり、斤量が最重量の58kgと決して楽な条件ではないが、ここで好走すれば今後の視野が広がるのは間違いない。重賞2勝と相性が良い左回りで復活を期待する。
 
△ブライトライン(牡7歳)
骨折休養明けのポラリスSでは1年ぶりの実戦ながら3着に好走し、改めて能力の高さを証明した。重賞2勝、JCD4着と実績も申し分なく、直線の長い中京コースもプラス材料だろう。近3走は斤量が58kgだったのに対して56kgと恵まれた今回は抜けた存在もいなく上位争いは必至。
 
△ニシケンモノノフ(牡5歳)
前走の天王山Sでは単勝1.8倍の圧倒的人気に応えて勝利。その時にマークした上がり3ハロン34.8秒の末脚は芝のレース並みに迫力があり、上のクラスでも十分に通用すると確信した。1200mからの距離延長もプラスで、ここでも好走を期待したい。
 
△タガノトネール(セ6歳)
レコード決着となった今年のフェブラリーSでは0.5秒差の6着と大きく負けておらず、自力は決して見劣りしない。小回りコースよりは広々としたコースの方が合っているし、自分のリズムでスムーズな競馬ができれば昨年(4着)以上の結果は出せるだろう。
 

馬連BOX買い目:④⑤⑨⑩⑬⑭ 計6頭15点

 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
104.0以上で拮抗しており、ムスカテール、タガノトネール、グレープブランデー、クラリティスカイ、ワイドバッハと全盛期を考えるとこのあたりで良いが、直近のダートにフォーカスするとタガノトネールが一番信用できるか。初ダートのクラリティスカイは未知数。続いてブライトライン、キングズガード、ニシケンモノノフ、ノボバカラまでが100以上で、馬券の中心はむしろ直近が順調なこのあたりで。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ワンダーコロアール 56.0 福永祐一 94.0 109.0
2 カフジテイク 56.0 幸英明 94.0 × 20.3
3 グレープブランデー 58.0 和田竜二 105.5 × 15.7
4 ブライトライン 56.0 石橋脩 103.0 × 12.0
5 クラリティスカイ 58.0 C.ルメール 105.3 6.8
6 ムスカテール 57.0 藤岡康太 106.0 130.6
7 ワイドバッハ 56.0 武豊 104.4 × 14.4
8 ダノングッド 56.0 丸田恭介 95.0 35.0
9 キングズガード 56.0 川田将雅 103.0 3.8
10 ニシケンモノノフ 56.0 岩田康誠 101.0 5.0
11 マルカフリート 56.0 秋山真一郎 99.3 112.4
12 ポメグラネイト 56.0 松山弘平 97.0 79.0
13 タガノトネール 57.0 松若風馬 105.8 7.7
14 ノボバカラ 57.0 M.デムーロ 100.5 2.6
15 キクノストーム 57.0 国分恭介 99.0 102.3

関連記事

関連タグ

著者