レース回顧

 

 
キークラッカーがハナに立ち、ゼーヴィントは3、4番手からディーマジェスティとプロディガルサンは後方からレースを進める展開。1000mの通過タイムは61.0秒。3コーナー過ぎからディーマジェスティが進出を開始。4コーナーで先行集団に取り付くと、ゼーヴィントも動いて先頭に立つ。直線に入ってゼーヴィントをディーマジェスティが交わしにかかる。外からプロディガルサンも上がってくるが、前の2頭を交わすことができない。優勝争いはゼーヴィントとディーマジェスティに絞られ、最後はディーマジェスティがクビ差捕らえて勝利した。
 

秋の始動戦を快勝!いざ二冠制覇へ!!

 
ディーマジェスティ(牡3歳)

ディーマジェスティ(牡3歳)

父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母の父:ブライアンズタイム
調教師:二ノ宮敬宇(美浦)
via google imghp
 
スタート直後に2度挟まれる不利があり後方からの競馬を強いられたが、人馬に焦りは全くなかった。向正面で一気に馬群が凝縮されると、ディーマジェスティは3コーナー過ぎから捲っていき、直線を向いた時には先行集団へ。最後はゼーヴィントと際どい勝負だったが、十分に余力を残してのゴール。クビ差以上に中身は快勝だったと言える。管理する二ノ宮敬宇調教師は「春より芯がしっかりしてきた。まだ仕上げていないので余裕を持って臨める」と更なる上積みを強調。次走は二冠制覇がかかる菊花賞。ダービーで先着を喫したサトノダイヤモンドとの熾烈なデッドヒートが見れるかもしれない。
 

レース結果を振り返ってのベスト予想

 
◎ディーマジェスティ
◯ゼーヴィント
△プロディガルサン
△マウントロブソン
×メートルダール
×ステイパーシスト
 
今年のセントライト記念は皐月賞馬ディーマジェスティが一枚上手といった印象。差はあるが、これに唯一太刀打ちできるのはゼーヴィントとプロディガルサンくらいだろう。不動の本命はディーマジェスティ。対抗に着々と力をつけてきた戸崎圭太騎手騎乗のゼーヴィント。単穴は無しで、連下に成長著しいプロディガルサンとスプリングS覇者マウントロブソン。展開次第では粘り込みが期待できるメートルダールとステイパーシスト。ここまで押さえれば完璧な予想と言える。
 

全着順

 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 4 ディーマジェスティ 56.0 蛯名正義 117.0 2:13.1(良) 1.4
2 10 ゼーヴィント 56.0 戸崎圭太 103.0 クビ 6.8
3 9 プロディガルサン 56.0 田辺裕信 107.0 1.1/4 8.1
4 7 ネイチャーレット 56.0 野中悠太朗 94.0 1.1/4 130.9
5 11 ノーブルマーズ 56.0 高倉稜 100.0 ハナ 47.6
6 1 メートルダール 56.0 北村宏司 106.7 クビ × 13.9
7 5 マウントロブソン 56.0 川田将雅 111.7 3/4 13.5
8 2 ピースマインド 56.0 大野拓弥 90.0 アタマ 98.8
9 3 プロフェット 56.0 石橋脩 102.0 1.1/4 34.8
10 12 ステイパーシスト 56.0 吉田豊 94.0 3/4 26.5
11 8 ケンホファヴァルト 56.0 柴田善臣 90.0 1 215.3
12 6 キークラッカー 56.0 柴田大知 90.0 3 60.6


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ④⑤⑨⑩ 計6点 的中
単勝 4 140円 枠連 4-7 200円
複勝 4 110円 ワイド 4-10 180円
10 140円 4-9 210円
9 140円 9-10 580円
馬連 4-10 390円 馬単 4→10 480円
三連複 4-9-10 770円 三連単 4→10→9 1,820円


 
2016年セントライト記念の的中馬券

2016年セントライト記念の的中馬券

関連記事

関連タグ

著者