馬体診断

 
レディジョアン2014 ♂ (馬名:ダノンオブザイヤー)

レディジョアン2014 ♂ (馬名:ダノンオブザイヤー)

父馬:ディープインパクト
母馬:レディジョアン
母父:Orientate
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:千代田牧場(新ひだか町)
馬主:ダノックス
via google imghp
 
馬体重は取材時点で500kgを超える大型馬。その割には好バランスで、全体的に大きく見せない所は良い意味で捉えたい。が、やはり所々の肉付きなどはしっかりとしており、どちらかと言えばキレるというよりはパワーと持続力で押し切るタイプか。いずれにせよ、高評価したくなる様な見栄えには変わりはない。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
レディジョアン Orientate Mt.Livermore Blushing Groom
Flama Ardiente
Dream Team Cox's Ridge
Likely Double
Oatsee Unbridled Fappiano
Gana Facil
With Every Wish Lear Fan
Amo


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ディルガ 牝

ディルガ 牝

父馬:Curlin
母馬:Baghdaria
母父:ロイヤルアカデミーⅡ
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:CASA Farms I LLC(米)
馬主:前田葉子

通算成績:24戦2勝(2-4-3-15)
主な勝鞍:忘れな草賞など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
母はG1馬とはいえ、日本での活躍馬が近親にいないのでここは全く信用できない。血統背景からの魅力としては、日本の主力配合がし易いって事位だろう。
 

前評判

 
生産した千代田牧場代表曰く、「今年はこの馬に“懸ける”つもりだよ」との事。また、「配合面を見たオーナーが生まれる前から気にかけてもらっていた程。後々は種牡馬として血を残して行きたいので、その為にも大きなタイトルを取ってほしいと願っいる。現時点では文句の付け所がない」という絶賛具合。これはかなり期待出来そう。

※7月16日の中京新馬戦に出走し、4着入線。
 

馬名の由来

 

ダノンオブザイヤー

 
【意味】…冠名+この年度の最強馬になる事を期待して。

そのネーミングセンスとは裏腹に、オーナーの本馬に対する期待の高さが伺い知れよう。残念ながらデビュー戦は敗退したが、大型馬だけに叩いて良くなって行くタイプの筈で余り落胆する必要もないだろう。
 

編集部内の評価

 
母は米のGⅠウィナーで、その兄弟にも活躍馬がズラリ。血統だけで言えば名前の通り、世代でも随一の存在だろう。しかし、ディープインパクト産駒らしくない馬体の作りが気になりここはスルーしておく。勿論、走ってきてもおかしくはないがその時は諦めがつく程度。それよりも名前の段階で指名からはちょっと遠のいた印象だ。(田中)
 
兄弟や近親に日本実績馬がいないのでまったく興味をそそられない血統。馬名だけは嫌いじゃないが選択しなくてよかったなという印象。(大川)

関連記事

関連タグ

著者