コース見解

 
阪神競馬場・芝1800mコース図

阪神競馬場・芝1800mコース図

《勝ちタイム平均/レース上がり平均/勝ち馬上がり平均》

・3歳未勝利=1.48.3/35.1/34.8
・混合500万=1.47.1/34.8/34.5
・混合オープン=1.46.3/34.6/34.7
via google imghp
 
2コーナーの奥からスタートし約600mの長い直線での先行争い。なので、基本的に枠順の有利不利は無い。外回りでカーブも大きく、スローペースに落ち着きやすい為上がり勝負の展開が多くなるのが特徴だ。スタミナや持久力を武器にしている馬についてはキレ味がないので厳しい戦いとなる。
 

タイム・ラップ見解

 
後継ラップが顕著。上のクラスになればなる程33秒台の上がりが連発するので、先ずは瞬発力のある馬を中心に選定した方がいい。中山とは違い王道の形態となっているので、レースにも展開の紛れがなく各馬脚質通りにレースが展開される事が多い為、予想は比較的しやすい傾向にあるのではないだろうか。
 

血統見解

 
ディープインパクト

ディープインパクト

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ウインドインハーヘアー
母父:Alzao

主な産駒:ジェンティルドンナ、キズナ、ショウナンパンドラ、リアルインパクト、マリアライトなど
via google imghp
 
【ディープインパクト】
先ずこの馬は外せない。むしろ、迷った場合は無条件でディープインパクト産駒を選んでも良い位だ。勝利数が他馬と比較にならない程の抜けており、人気の有無に関わらず頭固定で馬券を展開すればかなりの確率で的中には近づける。但し、その場合はヒモ穴をしっかりと拾い中波乱の馬券を確実に仕留めて行きたい。
 
ダイワメジャー

ダイワメジャー

父馬:サンデーサイレンス
母馬:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト

主な産駒:カレンブラックヒル、コパノリチャード、メジャーエンブレム、ダイワマッジョーレなど
via google imghp
 
【ダイワメジャー】
ディープインパクトを除けば、ダイワメジャーの連対率が25%と抜けて高い。しかも、短距離のイメージがあるのか人気薄になりやすく単勝の回収値は350オーバー、複勝値も100超えと馬券の妙味としてはダイワメジャー絡みが面白い。特に馬場が渋れば好走度は飛躍的に上がるので、雨の日は要チェックだ。
 
マンハッタンカフェ

マンハッタンカフェ

父馬:サンデーサイレンス
母馬:サトルチェンジ
母父:Law Society

主な産駒:ヒルノダムール、レッドディザイア、ショウナンマイティ、ゲシュタルトなど
via google imghp
 
【マンハッタンカフェ】
そのダイワメジャーを凌ぐ高い単勝回収値を叩き出しているのがマンハッタンカフェ。当該コースの特注種牡馬はこちらだ。さすがに安定感という点では劣るが、勝ち切る意外性は現役時代さながらに万馬券の使者としての素質が高い。産駒は全体的に瞬発力のあるタイプが多いので阪神コースに向いているのだろう。
 
ネオユニヴァース

ネオユニヴァース

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ポインテッドパス
母父:Kris

主な産駒:ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、サウンズオブアース、アンライバルドなど
via google imghp
 
【ネオユニヴァース】
全体的に出走数も多く、安定して高データを算出しているという点でネオユニヴァースをピックアップ。連対率・複勝率ではキングカメハメハとほぼ双璧だが、単勝の回収値は150超えとなかなかの数値。複勝の回収値は一気に下がってしまうので、頭固定で狙って行きたい種牡馬。キレもあるので適性力は高い。
 

まとめ

 
阪神のこの距離前後は紛れが少ないので展開予想がしやすい。枠順もほぼ気にしなくて良いので、馬の実力がそのまま着順に反映しやすいコースだ。

但し、オッズ自体がしっかりと実力順に並んでいる訳ではないので、そこは近走の成績や調教など他のファクターと照らし合わせて慎重に予想したい。ともすれば、比較的他のコースよりは的中率が上がると思われる。
 
☆ポイント☆
・堅めに決まりやすい
・枠順の影響差は無し
・キレのある差しか追い込み馬
・ディープインパクト、ダイワメジャーが鉄板

関連記事

関連タグ

著者