黄金世代からまた期待馬誕生! 新設GⅠ大阪杯へ!!

 

 
【レース回顧】
戦前の予想通りヤマカツライデンがレースを引っ張る展開。後ろにアドマイヤフライト、マドリードカフェが続き、ミッキーロケットは4番手の外目を追走。中団にシャケトラ、モンドインテロが続いて馬群は縦長になる。坂の下りで馬群が一気に凝縮され、ミッキーロケットがヤマカツライデンに並びかけるように最後の直線へ。ミッキーロケットが先頭に立つと、後ろからシャケトラも迫り、残り200mは2頭のデッドヒート。壮絶な叩き合いはゴール前でもうひと伸びしたミッキーロケットがハナ差凌いでゴールイン。
 
ミッキーロケット(牡4歳)

ミッキーロケット(牡4歳)

父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
調教師:音無秀孝(栗東)
馬主:野田みづき
生産者:ノーザンファーム
通算成績:12戦4勝
主な勝鞍:日経新春杯(GⅡ)
via google imghp
 
勝ったミッキーロケットは、デビューから12戦目で嬉しい重賞初制覇。2走前の神戸新聞杯では、後に菊花賞と有馬記念を制するサトノダイヤモンドを相手にクビ差2着の接戦を演じ、菊花賞でも5着に健闘。近年最もハイレベルと言われる4歳世代の中でも上位の素質を見せていた。次は京都記念or金鯱賞から新設GⅠ大阪杯を目指す。
 

レース結果を振り返ってのベスト予想

 
◎ミッキーロケット
◯カフジプリンス
▲ヤマカツライデン
△シャケトラ
△モンドインテロ
△レッドエルディスト
△レーヴミストラル
 
ハイレベルな4歳世代で上位の素質を持つミッキーロケットが本命。神戸新聞杯でサトノダイヤモンドと接戦を演じるなど完全に本格化した印象。対抗のカフジプリンスは前走のグレイトフルSを勝って参戦。重賞でも上位を争うポテンシャルを秘めている。単騎逃げが有力なヤマカツライデンは後続が牽制し合えばチャンス十分とみて単穴に。これにシャケトラ、モンドインテロ、レッドエルディスト、レーヴミストラルまで押さえれば完璧な予想と言える。
 

全着順

 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 大川 小野寺 田中 単勝オッズ
1 5 ミッキーロケット 55.0 和田竜二 112.8 2:25.7(稍重) 2.9
2 3 シャケトラ 53.0 浜中俊 112.0 ハナ × 4.2
3 8 モンドインテロ 56.5 V.シュミノー 108.0 2 6.7
4 9 レッドエルディスト 54.0 四位洋文 109.0 ハナ × 12.1
5 7 カフジプリンス 54.0 福永祐一 107.7 1.1/4 6.5
6 2 ヤマカツライデン 55.0 池添謙一 103.0 1.1/4 7.6
7 1 トルークマクト 53.0 武豊 98.0 3.1/2 44.6
8 4 マドリードカフェ 54.0 川島信二 92.3 1.1/2 145.5
9 6 アクションスター 53.0 松若風馬 102.2 クビ 61.3
10 14 レーヴミストラル 58.0 M.デムーロ 106.6 アタマ 11.6
11 13 ウインインスパイア 53.0 三津谷隼人 95.0 クビ 339.0
12 10 テイエムナナヒカリ 49.0 田中健 90.0 2 112.9
13 12 ダコール 58.0 小牧太 102.9 8 92.2
14 11 アドマイヤフライト 55.0 S.フォーリー 101.3 大差 117.0


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑦-②③⑧⑨⑭ 的中
単勝 5 290円 枠連 3-4 610円
複勝 5 120円 ワイド 3-5 260円
3 150円 5-8 330円
8 170円 3-8 580円
馬連 3-5 620円 馬単 5→3 1,230円
三連複 3-5-8 1,330円 三連単 5→3→8 5,040円


 

編集部内の回顧

 
本命ミッキーロケットは前から横綱競馬で完勝、着差以上に強かった。ただシャケトラがおもったよりいきなり勝負になったので脅威。残念、見立てが甘かった。モンドインテロは結果的に3着だったがそこはレッドエルディストの方が圧倒的格上なのでちゃんと交わせよって結果でしたね。(大川)
 
◎ヤマカツライデンは理想的なレース運びだったものの+14kgが響いたか。◯ミッキーロケットはやはりこのメンバーなら地力トップだった。着差はないが好位で上手くレースできたことは大きな収穫になったはず。▲モンドインテロは実績通りの結果。シャケトラはハンデの恩恵があったのものの能力が高いことを再確認。今後が楽しみになった。(小野寺)
 
本命のヤマカツライデンは調整ミスが祟ったか大幅な馬体増でジ・エンド。それでも、あれだけアドマイヤフライトに突かれて粘っている辺りは展望として間違ってはいない筈。但し、逃げ馬を本命にするリスクは再確認した。◯のミッキーロケットは順当勝ち。▲のカフジプリンスは平坦よりも坂のあるコース向きか。△シャケトラが想像以上に強かったので、今後の成長含めてかなり期待出来る内容だった。レッドエルディストについては、毎回こんな感じの中途半端な結果になりそうなキャラクターと判断する。(田中)

関連記事

関連タグ

著者