現地時間26日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で<リヤドダートスプリント>(GIII・ダ1200m)が行われ、C.ルメール騎手騎乗のダンシングプリンスが優勝しました。

 勝ちタイムは1分10秒26。


 以下、グッドエフォート(牡6、英・I.モハメド厩舎)、チェーンオブラブ(牝5、美浦・小笠倫弘厩舎)の順にゴール板を通過しています。

 なお、日本産駒で連覇を狙ったコパノキッキングは4着に終わりました。


 勝ったダンシングプリンスは、牡6歳、美浦・宮田敬介厩舎で、父パドトロワ、母リトルブレッシング、その父バブルガムフェローという血統です。

 初めての海外遠征ながらも大差をつけて勝利。前走の<カペラS>に続き重賞2勝目となりました。


 また、鞍上のルメール騎手は、<ネオムターフC>、<1351ターフスプリント>、<レッドシーターフH>に続いて、サウジCデー4勝目となりました。

関連記事

著者