リーチザクラウン(牡10歳)

リーチザクラウン(牡10歳)

父:スペシャルウィーク
母:クラウンピース
母の父:Seattle Slew
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)→杉浦宏昭厩舎(美浦)
馬主:臼田浩義→西山茂行
生産者:社台ファーム

-競争成績-
通算成績:26戦4勝
獲得賞金:2億5783万6000円
主な勝鞍:2009年きさらぎ賞(G3)・2010年マイラーズカップ(G2)
via google imghp
 

初年度産駒が好調

 

6/26 ニシノアップルパイ(5番人気→1着) ※逃げ切り

 
ニシノアップルパイ(牡2歳)

ニシノアップルパイ(牡2歳)

父:リーチザクラウン
母:アップルトウショウ
母の父:アンバーシャダイ
所属:中舘英二厩舎(美浦)
via google imghp
 

6/26 エスケークラウン(2番人気→2着) ※タイム差なし

 
エスケークラウン(牡2歳)

エスケークラウン(牡2歳)

父:リーチザクラウン
母:ファイトソング
母の父:アサティス
所属:木原一良厩舎(栗東)
via google imghp
 

7/2 キョウヘイ(9番人気→4着) ※上がり最速

 
キョウヘイ(牡2歳)

キョウヘイ(牡2歳)

父:リーチザクラウン
母:ショウナンアネーロ
母の父:ダンスインザダーク
所属:宮本博厩舎(栗東)

※画像なくてすいません。
via google imghp
 

7/3 セイウングロリアス(8番人気→3着) ※直線不利

 
セイウングロリアス(牡2歳)

セイウングロリアス(牡2歳)

父:リーチザクラウン
母:コスモビートアウト
母の父:サッカーボーイ
所属:武市康男厩舎(美浦)
via google imghp
 
リーチザクラウンの初年度産駒は67頭と決して多くはないが、うち4頭が既にデビューを果たしており、ニシノアップルパイに関しては新馬勝ちを決めている。
デビューした他の3頭も次走は未定だが、どれも次に繋がる走りだったし、勝ち上がるのにそれほど時間はかからないだろう。

地方でもリーチザクラウン産駒がデビューしており、ガロ(牝2・大井)とスーパーマックス(牡2・佐賀)の2頭が新馬勝ちしているように、芝・ダート問わずオールマイティな馬を出しそうな感じがする。
リーチザクラウン自身、現役時には短距離から長距離での出走経験があるので距離も融通が利くはずだ。

また種付け料も20万円とコストパフォーマンスも良く、これからはスペシャルウィークの後継種牡馬として期待できる。
 
産駒の特徴として2歳ながら仕上がりも早く、リーチザクラウン譲りのスピード能力も高いので、G1級の大物を出せるかはわからないが、総合的に需要はかなりあると思われる。

関連記事

関連タグ

著者