今週の新馬レーティング順位

 

①サトノアーサー 100.5 ★★★★

 

②スズカフロンティア 99.5 ★★★

 

③ツヅク 99 ★★★

 

④アットザトップ 97.5 ★★★

 

④マイネルアムニス 97 ★★★

 

サトノアーサー&スズカフロンティア(同着) 土曜阪神5R

 

2016年10月01日 芝2000m

【サトノアーサー】
父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:池江泰寿(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:里見治

【スズカフロンティア】
父馬:ディープインパクト
母馬:スズカフォイル
母父:フレンチデピュティ
所属:橋田満(栗東)
生産:辻牧場(浦河町)
馬主:永井啓弐

レースタイム:2.04.8(稍重)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.3&35.4
 
【サトノアーサー&スズカフロンティア】
珍しく同着で2頭が勝ち上がった。スズカフロンティアが器用な立ち回りをしたのに対し、サトノアーサーは如何にも不器用そうな大跳びタイプ。馬場が稍重だっただけに、前者の方が有利にも思えたが後者の意地の猛追で同着にまで持って行った運とポテンシャルの高さを評価してサトノアーサーを1番手に上げた。しかし、3着以下を大きく引き離している事から2頭共に素材としては1級品だ。
 

マイネルアムニス 土曜中山5R

 

2016年10月01日 芝1200m

父馬:MizzenMast
母馬:Patineuse
母父:PeintreCelebre
所属:畠山吉弘(美浦)
生産:Dr.Christoph Berglar(米)
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

レースタイム:1.09.8(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
 
【マイネルアムニス】
外国産馬らしい豊富なスピードと完成度の高さで他を圧倒した。番手からスッと直線で先頭に立つ脚の速さは如何にも中山向きのタイプ。マイネルの外産でも牡馬で購入している事から、余程走る手応えがあって連れて来ているのだろう。マイルまでなら走れそうな感じもするので今後の上積みに期待したい。
 

アットザトップ 日曜阪神5R

 

2016年10月02日 芝1200m

父馬:デュランダル
母馬:セレブラール
母父:ボストンハーバー
所属:角田晃一(栗東)
生産:土居牧場(新ひだか町)
馬主:ノースヒルズ

レースタイム:1.10.9(稍重)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
【アットザトップ】
ベルカントの下だけあり、スピード力が群を抜いていた。決して無理にハナに立ったという訳でもなく自然な形で逃げ切り勝ちしている事から、今後のレースでは先行しての抜け出しが主流となって来るだろう。直線でもタレずに最後まで走り切っており、マイルまでなら守備範囲か。姉に続く活躍を見せる事が出来るか。
 

ツヅク 日曜中山5R

 

2016年10月02日 芝1800m

父馬:マツリダゴッホ
母馬:ザッツザウェイ
母父:フサイチコンコルド
所属:伊藤大士(美浦)
生産:岡田スタッド(新ひだか町)
馬主:清水敏

レースタイム:1.51.3(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:35.0
 
【ツヅク】
楽逃げからの完勝。しかし、この日の中山が極端な前残りの馬場だった事も考えると、かなりその恩恵を受けていると考えるべきだろう。スピード自体はあるが走法的にやや頭の高い走りをしており、その点を解消出来ない限り上のクラスで安定した結果は出せないと見る。但し、牡馬相手に1800mを逃げ切った部分は評価に値し、牝馬同士でどこまでやれるかには期待したい。
 

まとめ

 
今週はサトノアーサー。

2億円の期待馬が順当に勝ち上がった。しかも、展開は完全に出し抜けを食らった形で普通なら負けていてもおかしくなかったレース。そこを不慣れな稍重馬場ながらしっかりと追い込んで同着に持ち込んだという点は、なかなか運を持っている馬と考えて良い。走法もカッコよくスター性の高い1頭だ。

後は、ベルカントの下のアットザトップがどこまで上でやれるかに期待したい。父がサクラバクシンオーからデュランダルに変わって、若干距離適性にも幅が出ているだろう事からマイル辺りまでの活躍を見込む。

関連記事

関連タグ

著者