松田騎手、無免許で捕まったってよ

 
松田大作騎手

松田大作騎手

生年月日:1978年09月13日
身長体重:168cm/53kg
血液星座:O型/乙女座
初免許年:1997年
出身所属:鹿児島県/栗東
所属厩舎:フリー

主な騎乗馬:タガノアザガル、メイショウスザンナなど
via google imghp
 
JRAの発表によれば、2月2日(木)に京都市内を自動車で運転していた松田大作騎手は京都府警にに道路交通法違反容疑で検挙されたとの事。容疑は先ずスピード違反で捕まった後に無免許である事がその場で発覚したのではないかと推測される。松田騎手は当時免許停止中だった。
 
本会の騎手として重大な非行があったものと認められるため、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第2項により本事案について裁定委員会に送付するとともに同条第4項により2017年2月9日(木)から裁定委員会の議定があるまで同騎手の騎乗を停止することとしましたので、お知らせいたします
 
以上の様に日本中央競馬会からも正式なコメントで事実を公表。

これを受け裁定委員会での審議が行われるまでの間を騎乗停止とし、それ以降は公正たる議定で正式な処分が下される事となる。いわゆる謹慎扱いの様なもので、今週末予定していたレースは全てキャンセル。土曜に行われる京都メインの洛陽Sで騎乗予定だったラングレーも乗り替わりとなった。
 

2013年に愛娘を交通事故で亡くしていた

 
余り公にされていないが、2013年当時2歳だった娘の陽ちゃんを交通事故で亡くしている松田騎手。そんな痛々しい出来事を経験しているにも関わらず、親である自身がこの様な事件で摘発されていては社会的な信用はおろか根本的な人間関係さえ全て無くしてしまうのではないだろうか。

どの様な処分を言い渡されるのかは皆目検討も付かないが、せっかく近々は成績も向上して来て波に乗って来ていただけに勿体無いとしか言い様が無い。復帰後の仕事に影響が出ない事を祈るばかりである。
 

2015年、苦節19年目にして初重賞制覇

 
タガノアザガルの馬上にて涙をこらえる松田騎手

タガノアザガルの馬上にて涙をこらえる松田騎手

via google imghp
 
そんな不幸を乗り越え、一昨年のファルコンSでタガノアザガルに騎乗し初めて重賞を勝利した時は万感の想いが込み上げた事だろう。その前後辺りからは有力馬に騎乗する機会も多くなり、ここ数年はコンスタントに勝ち星を上げ順調な騎手生活を送っていた。

先日のシルクロードSでもセイウンコウセイで2着に入線するなど、これからの活躍が期待される馬も多数集まっていただけに今回の事件は本当に残念でならないのである。
 

以前には未成年の鮫島克騎手に飲酒を強要??

 
鮫島克駿騎手の肩に腕を組む松田大作騎手

鮫島克駿騎手の肩に腕を組む松田大作騎手

via google imghp
 
昨年の中頃、鮫島克駿騎手が騎乗を自粛していたニュースはご存知だろうか??

何でも、騎手や関係者達が集まるお花見の席で未成年ながらお酒を飲んだ鮫島騎手は、帰りのタクシー車内で運転手とひと揉めした事が自粛に至るキッカケだったそう。その際、鮫島克騎手に場の幹事を取り仕切らせ、酒の強要もした張本人がこの松田騎手だったのではないかとまことしやかに噂されているのだ。確かに上記画像はまさにお花見の宴会場である事は間違い無いし、後ろから撮影されたにも関わらず2人の上下関係が手に取る様に分かる一枚だ。(事件当時の宴会だったかは不明)

と言う風に、松田騎手は恐らくお酒の席が大好きで体育会系的なノリも持ち合わせているのではないだろうか。それが今回の事件に直接繋がる訳では無いが…それでも自身の行動に対して思慮深いとは思えず、その場の雰囲気で判断を誤り突っ走ってしまう性質がある事は一目瞭然。でなければ、幾ら技術に自信があっても免許停止中に運転すると言う行為には至らない筈だ。
 

まとめ

 
以上、松田大作騎手の無免許運転に関するまとめでした。

いやー、これにはかなりビックリしましたね。ここ最近、成績もかなり好調で調子に乗っていた松田大作騎手だけに驚きを隠せません。記事にもある様にデビューからかなりの苦労を重ねて来たであろう人。それだけに今の状況は本当の意味で成功とも言え、これからの躍進も半ば約束されていた様なものでした。なのに…こんな事でそのポジションから追い出されるかもしれないなんて…。

大人である以上、責任はきっちり取らなければいけません。刑事的なものはお金で解決出来るかもしれませんがある程度事態が収まってからが勝負です。一度失った信頼を取り戻すのは並大抵の事ではありませんが、今まで以上に努力を重ねまた大活躍する松田騎手の姿を見たいと思います。復帰後の重賞制覇でまた違う種類の涙を流すのかは神のみぞ知ります。

関連記事

関連タグ

著者