「ダビスタ」と「ウイポス」の2トップ

 
ダービースタリオン

ダービースタリオン

ちょっとした社会現象にもなった??「ダビスタ」ブーム。

当時中学生だった筆者は、余りにも楽し過ぎて学校を早退してゲームをしに帰る程のハマりっぷりでしたwいわゆる、“血統派”と呼ばれる方々は間違いなくこの過程を辿っておられると思います。

開発者の薗部さんが、実際に馬主になられて「バランスオブゲーム」を所有されたのは有名なお話です。
via google imghp
 
ウイニングポスト

ウイニングポスト

いやー、これも懐かしい。

ダビスタまでは行かずとも、競馬ファンを満足させる各部の作りこみはさすが“コーエイ”さん、という感じでした。現在も尚、新作がリリースされ続ける不朽の名作です。

ダビスタが血統にフォーカスを当てていたのに対し、ウイポスは馬主としての生活を軸としてゲームが進む事に興奮を覚えましたね。
via google imghp
 

それらを超えるのが「ステイブルスター」

 
ステイブルスター

ステイブルスター

正確には「ステイブルスター~厩舎物語~」。

読んで字のごとく、このゲームは調教師メインの目線でゲームが進行して行くというもの。勿論、全体的なポイントも抑えてはいますが、それまでの生産や所有といった部分を主とせず管理・教育を主軸にしたのは斬新でした。

何より、コナミさんの意気込みが感じられたゲームでもありましたね。
via google imghp
 

簡単なゲームフロー

 
先ずは厩舎の開業

先ずは厩舎の開業

ゲームは新人調教師としてスタート。

そこから馬主に馬を預けてもらって実績を積み、更なる有力馬が集まる様な名門厩舎にして行く事が目標。筆者の記憶では、ゲーム自体に具体的な目標はなかったとしているが…確か、永遠とループして遊べた様な(間違ってたらすみませんw)。
via google imghp
 
預かった馬のパーソナルデータ

預かった馬のパーソナルデータ

あー、何だろうこの感じ。

ステイブルスターって、競馬ファンのツボを上手く突いて来るんですよね。この成績の表示方法なんかもやけにリアルじゃないですか??何か新聞読んでる様な気分になりません??

それに馬の描写も凄く良い。姿形の雰囲気をちゃんと捉えてます。
via google imghp
 
調教&調教&調教…

調教&調教&調教…

基本的には調教師なので調教がメインです。

馬の適性に合わせた調教法で仕上げて行き、狙ったレースに出走させて勝つというのがシンプルなゲームフロー。

ってか、右上のクラス表記が「1500万下」ってなってますwめちゃめちゃ時代を感じますね。…って事は、この「牝5」ってのも今で言う「牝4」って事になりますよね??
via google imghp
 
出走する際の騎手選択画像

出走する際の騎手選択画像

そう、ここなんです、ここ。

最初はトップジョッキーなんて相手にしてもらえず、右らへんの下位騎手に騎乗依頼を余儀なくされる事がしばしば。「式豊」に乗ってもらおうものならかなり結果を残しつつ強い馬を用意しないとダメですからね…。

しかし、「宝未」って「宝来城多郎」騎手ですよね??めちゃめちゃ懐かしいw!!
via google imghp
 
こちらはレース画像

こちらはレース画像

一番のオススメはこれですかね…。

何でしょう、上手く説明出来ないんですが「ダビスタ」も「ウイポス」もレース映像に関しては全然問題外。あの二つはそれ以外の要素が突出してたから売れただけで、その点で言えば「ステスタ」wがNo.1のクオリティだったと思います。

しかし、これは静止画よりも実際にやってもらわないと通じない部分なので記事にすると伝えるのがかなり難しいかもです。
via google imghp
 
勝った時の口取り式の映像

勝った時の口取り式の映像

…このローカル感w

この表示された血統も古めで味がありますが、それよりも何故口取り式の背後からの映像なんでしょうかwww何かいちいちストーリー感とか演出に拘りが見え隠れするんですよね。

コナミの開発者さん、かなりの玄人とお見受けしました。
via google imghp
 
後はこれをひたすら繰り返し厩舎としての評価を上げ、良い馬をどんどん預けられる様になれば厩舎の運営が上手く行く様になります。

確か海外遠征も出来たと思いますし、ちょっとは生産とかセリみたいなものも行けたんではないでしょうか??

いずれにせよ、とにかく全体的なゲームバランスが完璧でした。「ダビスタ」の様に初期の頃の“マチカネタンホイザ×オオシマナギサ”的な裏ワザもなかったですし、ウイポスみたいに簡単に勝ち上がって行ける訳でもなく…何かいちいち現実味があるというか何と言うか…ちょっと形容しがたい面白さで今でもたまにやりたくなってしまうんですよね。
 

後継とされる「実況GⅠステイブル」はハズレ

 
実況GⅠステイブル

実況GⅠステイブル

一応、同社からリリースされたこの作品が後継とされているらしいが…全くもって良いところなし、というのが世間の評価だそうだ。

自分はプレステでの馬の再現が全て受け付けず、それ以降は一応「ダビスタ」をカジッた程度で馬ゲーとは「ステイブルスター」以来めっきり離れてしまっている。

どうにか、あのクオリティのまま現行のゲーム機で遊べる手立てはないのだろうか…

コナミに一度問い合わせたい位ですw
via google imghp
 

まとめ

 
あくまで筆者の超個人的な主観から来る感想なので余り鵜呑みにしないで下さい。というより、やりたくなってもスーファミとソフトを用意する事が既に困難な状況ですw

でも、恐らくですが「ステイブルスター」を超える馬ゲーはもう現れないんだろうなぁというのが正直な気持ち。それを言い切れる程にこれは神ゲーでした。この記事を読んで実際にプレイした人は大きく頷いて頂けている事と思いますwww

以上、単なる私情を書き綴った記事でございました。あしからず。

関連記事

関連タグ

著者