愛知杯

 
シャルール 牝5歳

シャルール 牝5歳

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:グレイトフィーヴァー
母父:Kaldoun
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:キャロットファーム
via google imghp
 

シャルールが4着以下に沈む確率 60%

 
【危険要素】
そもそも近走の崩れ方からしてここでも人気を集めている理由が余り分からない。昨年の実績から牝馬同士では実力が抜けているという判断だとしても、今回はハンデが他より見込まれている印象でもある。つまり調子が悪ければ当然の事、調子が良くても好走は難しいと言う判断が一番しっくり来るのではないだろうか。

加えて、テン乗りのフォーリー騎手の腕も怪しく、特に乗り難しいタイプのシャルールにとっては全くと言って良い程に強調材料が無いのである。これらの事から、どう考えたしても上位争いには顔を出す可能性は極めて低いと言う見解で構わない。
 

京成杯

 
サーベラージュ 牡3歳

サーベラージュ 牡3歳

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:アスペンアベニュー
母父:トワイニング
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:追分ファーム(安平町)
馬主:G1レーシング
via google imghp
 

サーベラージュが4着以下に沈む確率 50%

 
【危険要素】
確かに前走の新馬戦は強かった。行く行くは重賞でも戦えるだけのポテンシャルは秘めていよう。が、しかし余りにも楽な競馬だった事も事実だ。単騎逃げで揉まれもしないストレスフリーのレースから、いきなり中山2000mのごちゃつく可能性が高い重賞へ参戦して能力が発揮出来るほど競馬は甘く無い筈。人気しているが故に周りからのマークもきつくなると予想され、ここは飛ぶ可能性の方が高いのではないだろうか。

ましてや、最内枠に配置され鞍上は先週のフェアリーSで同じく最内枠から飛んだ柴山騎手。この段階で既に大敗フラグが立っている様に思えるのだが…さて、結果は果たして。
 

日経新春杯

 
シャケトラ 牡4歳

シャケトラ 牡4歳

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:サマーハ
母父:Singspiel
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

シャケトラが4着以下に沈む確率 70%

 
【危険要素】
昨年の注目馬では何度も挙げる程に期待していたが、実際に予想通りの過程で経験を積み上昇して来た同馬。角居厩舎もかなりの自信を持って毎レース挑んでいるのが手に取る様に分かる。しかし、それでもまだ1000万クラスを勝ち上がったばかりでの重賞挑戦はいささか早い気がする。

その割に想定オッズが現在で2番人気と言うのは余りにも過剰な評価ではないだろうか。逆を言えばこの状況で通用するなら一気に天皇賞春の有力馬として浮上する訳だが…個人的には完全に飛ぶ気配を感じずにはいられないのである。
 

まとめ

 
以上、各重賞から3頭をピックアップ。

そもそも愛知杯は、何が飛んで来てもおかしくないレースだけに上位人気馬を全頭危険視すべきと言えばそれまでだが…但し、自分の直感では今年の同レースは余り荒れない様な気がしている。ま、外れる自信のある直感だがw

京成杯のサーベラージュについては半信半疑。これはかなり強い認識で間違いないし、逆に内枠を利してスンナリ先行が出来れば圧勝まで有り得る。が、その反面で立ち遅れる様なケースが起こればアッサリと敗退する事も想定しておかなくてはならないだろう。

日経新春杯のシャケトラは幾ら何でもまだ重賞では荷が重い。確かに馬体は見栄えがするし、レース自体も走る毎にパワーアップしている印象だ。それでも、ここはひとつずつステップアップする為にも1600万クラスを挟むべきだった様に思う。後は結果が証明してくれるだろう。

関連記事

関連タグ

著者