11月13日に東京・阪神・福島で行われた新馬戦全5レースの勝馬は、以下の通りです。


<東京5R>(ダ1600m)

⑦リッキーマジック(牝、美浦・加藤征弘)

鞍上:田辺裕信

タイム:1分39秒3(稍重)

父:コパノリッキー

母:テツナゴオ その父:ハーツクライ

コメント: 田辺騎手は「スタートセンスがよく好位を追走できた。最後はちょっとジリ脚になったけど、まだピリッとしていないというか、若いところがあるので上積みはあると思う」と評価しています。


<東京6R>(芝1600m)

⑧ソバナ(牝、美浦・斎藤誠)

鞍上:横山和生

タイム:1分37秒2(良)

父:ドゥラメンテ

母:オメガスピリット その父:スピニングワールド

コメント: 横山騎手は「勝ったけど、甘くはない。次に向けて課題はある。今日は能力だけで押し切ってくれた。神経質というか、競馬にいって敏感なところを見せている」と評価しています。


<阪神4R>(ダ1800m)

⑨ジュタロウ(牡、栗東・河内洋)

鞍上:武豊

タイム:1分53秒6(稍重)

父:Arrogate

母:Bodacious Babe その父:Mineshaft

コメント:米国産馬。2着に2秒4の大差をつけ勝利。武騎手は「強いね。ダートの長い距離が合っている。スタミナが半端じゃない。気性が前向きすぎるけど、時計も早かったし将来が楽しみ」と高く評価しています。


<阪神5R>(芝1800m)

⑩ホウオウバニラ(牝、栗東・安田翔伍)

鞍上:M.デムーロ

タイム:1分49秒4(良)

父:ドゥラメンテ

母:バランセラ その父: Acatenango

コメント: デムーロ騎手は「まだ幼いけど、競馬にいって頑張ってくれた。スタートがよかったし、ジリジリ伸びるのは分かっていたので、早めに動いていった」とコメントしています。


<福島5R>(芝2000m)

⑨フジマサフリーダム(牡、美浦・栗田徹)

鞍上:丹内祐次

タイム:2分04秒3(良)

父:ディープインパクト

母:セデュイール2 その父:Elusive Quality

コメント:丹内騎手は「ゲートに難しいところがあり十分にゲート練習をしてきた。スタートが変な出方だったが、そこからダッシュが速かった。直線は狭いところを割って根性を見せてくれたし、まだ伸びしろがありそう」と評価し、まだ遊んで走っているところもあったと課題を挙げました。

関連記事

著者