11日、盛岡競馬場で<マイルチャンピオンシップ南部杯>(JpnⅠ・3歳上オープン・ダ1600m)が行われ、田辺裕信騎手騎乗の1番人気アルクトスが優勝しました。

 勝ちタイムは1分35秒3(不良)。


 以下、7番人気ヒロシゲゴールド、2番人気ソリストサンダーの順にゴール板を通過しています。


 勝ったアルクトスは、牡6歳、美浦・栗田徹厩舎で、父アドマイヤオーラ、母ホシニイノリヲ、その父シンボリクリスエスという血統です。

 これまでの成績は21戦9勝で、今回で重賞4勝目となりました。また同馬は、同レースで史上7頭目となる連覇を達成しました。

関連記事

著者