マイネルハニー、5度目の重賞挑戦で初タイトル奪還

 

 
注目の先手争いは、1枠からダノンメジャーが積極的にハナを主張。その後ろにメイショウナルト、マイネルハニーが取り付く。馬群はやや縦長になり、フルーキー、ディサイファ、ヒストリカル、タッチングスピーチといった有力所は後方からレースを進める。最後の直線、軽快に飛ばすダノンメジャーをマイネルハニーが競り落としにかかる。残り200mの所でダノンメジャーが力尽きズルズル後退、替わってマイネルハニーが先頭に立つ。その後ろからベルーフ、ケイティープライド、フルーキー、ブラックスピネルあたりが脚を伸ばしゴール前は混戦になったが、マイネルハニーが最後まで先頭を譲らずゴールした。
 
マイネルハニー(牡3歳)

マイネルハニー(牡3歳)

父:マツリダゴッホ
母:ブライアンハニー
母の父:ナリタブライアン
調教師:栗田博憲(美浦)
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者:高昭牧場
通算成績:11戦3勝
主な勝鞍:2016年チャレンジC(G3)
via google imghp
 
勝った3歳馬マイネルハニーは、今春のスプリングS(G2)で2着に入り、日本ダービー(16着)にも出走。夏は休養に充て、秋のアイルランドT(OP)から始動して2着に入ると、続く福島記念(G3)でも古馬相手に4着に粘り、一夏を越して地力強化を印象づけた。秋3走目の今回、前走以上に状態も良く、自慢のスタミナ比べに持ち込めたのが大きな勝因と言える。次走は未定だが、来春の最大目標は新たにG1へ格上げされる大阪杯になる模様。今後も伸び盛りの3歳馬から目が離せない。
 

レース結果を振り返ってのベスト予想

 
◎フルーキー
◯ディサイファ
▲ベルーフ
▲ヒストリカル
△マイネルハニー
△ブラックスピネル
×ダノンメジャー
×ケイティープライド
×エキストラエンド
 
本命・対抗はハンデ酷だが、地力・実績共に上位のフルーキー、ディサイファで良いだろう。単穴に末脚鋭く、重賞でも大崩れしないベルーフと、阪神芝1800m実績があり、嵌れば上位争い必至のヒストリカル。連下には前走古馬相手に4着と粘りを見せ、秋3戦目で更なる上積みが見込めるマイネルハニーと、得意の阪神芝1800mへ舞台が替わり、C.ルメール騎手を配してきたブラックスピネルの3歳馬2頭。あとは先行力魅力のダノンメジャー、ハンデ52kgのケイティープライド、G3までなら見限れないエキストラエンドまで。
 

全着順

 
 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 15 マイネルハニー 55.0 柴田大 103.8 1:46.5(稍重) × 15.4
2 4 ベルーフ 57.0 シュミノー 106.7 クビ 8.5
3 9 ケイティープライド 52.0 鮫島駿 101.9 アタマ 56.0
4 1 フルーキー 57.5 デムーロ 109.0 クビ 3.9
5 14 ブラックスピネル 55.0 ルメール 102.8 クビ 6.5
6 5 ヒストリカル 57.0 松若 109.2 1/2 9.2
7 6 デウスウルト 53.0 池添 104.5 クビ 91.0
8 2 ダノンメジャー 55.0 小牧 103.8 クビ × 10.3
9 16 ディサイファ 58.5 武豊 110.1 ハナ 6.5
10 17 ヒルノマテーラ 54.0 四位 102.0 クビ 14.6
11 8 タッチングスピーチ 55.0 松山 105.0 クビ 8.4
12 12 クランモンタナ 56.0 和田 102.0 クビ 168.8
13 18 フェイマスエンド 54.0 川田 92.0 1/2 30.5
14 10 プランスペスカ 53.0 高倉 100.0 クビ 124.9
15 11 シルクドリーマー 53.0 岩田 94.0 クビ 69.5
16 7 ケツァルテナンゴ 56.0 シュタルケ 100.8 1.1/4 × 94.6
17 13 メイショウナルト 56.0 松田 100.1 7 306.5
18 3 エキストラエンド 57.0 バルザローナ 103.5 3 × 57.4


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ①④⑤⑭⑯ 計10点 不的中
単勝 15 1,540円 枠連 2-7 1,790円
複勝 15 430円 ワイド 4-15 2,320円
4 310円 9-15 5,390円
9 820円 4-9 4,580円
馬連 4-15 7,460円 馬単 15→4 15,950円
三連複 4-9-15 74,740円 三連単 15→4→9 470,230円


 

編集部内の回顧

 
マイネルハニーはこの位やれる前提の印で×だったが他馬が不甲斐なかった。ハニーは△であるべきだったかもだが▲まであげると多数の馬を▲にあげるバランスが必要だったのでそれはない。本命ヒストリカルは安定の出遅れから届かず。しょうがないが一番強かったし印としては問題ない。単穴は狙いすぎだったが紐3頭が2~4着だったので予想は悪くなかった。マイネルハニーを△にしておくべきとケツァルテナンゴを評価しすぎた以外はいい感じだっただろう。(大川)
 
個人的には◎マイネルハニーで渾身の予想。逃げずとも気分良く行ければこれくらいの競馬をして当然の馬。マイナス体重できっちりと絞れていたのが良かった。2着に△ベルーフで馬連単はしっかりゲット。しかし、3着のケイティープライドが抜けて3連単は惜しくも逃してしまった。その他の印も含めて上位に来ている馬が大半だったので今回の展望じゃ会心だった。(田中)
 
ダノンメジャーは舞台適性と先行力魅力で本命に打ったが、ハイペースの中まさか逃げるとは思わず撃沈.・・・勝ち馬マイネルハニーの位置で競馬してほしかった。対抗のフルーキーは斤量キツかったが、それでも4着は地力のある証拠だろう。単穴のブラックスピネルは鞍上人気していた感じがするが、+18kgで5着なら次走はもっと上位に行けるのではないだろうか。ディサイファはさすがに58.5kgはキツく、前走のダメージがあったのかもしれない。(小野寺)

関連記事

関連タグ

著者