目次

 

『2021年上半期JPNサラブレッドランキング』(2021年1月1日から7月31日までの暫定レーティング)

 

「3歳芝(ターフ)」のトップは、エフフォーリア(皐月賞優勝)とシャフリヤール(日本ダービー優勝)で、レーティングは「120」。

「3歳牝馬」のトップは、ソダシ(桜花賞優勝)で、レーティングは「115」。

「3歳ダート」のトップは、船橋所属のキャッスルトップ(ジャパンダートダービー優勝)で、レーティングは「109」。


4歳以上のトップは、グランアレグリア(ヴィクトリアマイル優勝)で、レーティングは「121」。

第2位は、クロノジェネシス(宝塚記念連覇)、グローリーヴェイズ(クイーンエリザベスⅡ世カップ2着)の2頭で、レーティングは「120」。

第4位は、ワールドプレミア(天皇賞(春)優勝)で、レーティングは「119」。


「ダート」は、チュウワウィザード(ドバイワールドカップ2着)と、テーオーケインズ(帝王賞)がレーティング「116」で並び、トップとなっています。


(参照:JRAHP https://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jpn/2021a.html

関連記事

著者