①ナムラシングン 宮崎特別

 
ナムラシングン 牡3歳

ナムラシングン 牡3歳

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ドリームオブジェニー
母父:Pivotal
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:谷川牧場(浦河町)
馬主:奈村睦弘
via google imghp
 

2016年08月13日 宮崎特別 芝2000m 良

1着:ナムラシングン(川田)
2着:ゼウスバローズ(藤岡康)
3着:スズカビスタ(ホワイト)

レースタイム:2.01.1
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
【ナムラシングン】
先ずはレースをご覧あれ。1000万クラスでこの競馬はかなりの能力差がないと無理なパフォーマンスだ。つまり、ナムラシングン自体が1600万以上である事の証明=菊花賞での有力候補として一気に浮上という流れでもある。元々、春のクラシックでも穴馬的存在として扱われていたが、皐月賞後に無理をせず休ませたのが功を奏した模様。復帰初戦で幸先の良いスタートを切ってここから神戸新聞杯へと駒を進める。
 

②カフジプリンス 阿寒湖特別

 
カフジプリンス 牡3歳

カフジプリンス 牡3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:ギンザフローラル
母父:シンボリクリスエス
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:加藤守
via google imghp
 

2016年07月30日 阿寒湖特別 芝2600m 良

1着:カフジプリンス(福永)
2着:エアカーディナル(松岡)
3着:スズカヴァンガード(長岡)

レースタイム:2.39.3
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.1
 
【カフジプリンス】
かつて、ステイゴールドやマンハッタンカフェ、ファインモーションにホクトスルタンなどが勝ち上がった出世レースの阿寒湖特別。今年、本レースを5馬身差で圧勝したのがカフジプリンスだ。鞍上の福永騎手もレース後に「この馬で菊花賞へ行きたい」と話した様に、相当な惚れ込みよう。画像の笑顔が最たる証拠である。血統的にも距離はまだまだ伸びて問題ないと思われ、次走の札幌・丹頂Sでその真価が問われる。
 

③ウムブルフ 札幌日刊スポーツ杯

 
ウムブルフ 牡3歳

ウムブルフ 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ウミラージ
母父:Monsun
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:社台レースホース
via google imghp
 

2016年08月20日 札幌日刊スポーツ杯 芝2600m 重

1着:ウムブルフ(モレイラ)
2着:ステイブラビッシモ(福永)
3着:シークレットパス(丹内)

レースタイム:2.43.2
レース上がり3ハロン:36.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.8
 
【ウムブルフ】
先週の注目馬ピックアップでも紹介したウムブルフ。内容はご存知の通り、5馬身差の圧勝。しかも血統的には不向きな重馬場での競馬だけに、良馬場では更なるキレも期待出来た筈。年明けの京成杯では1番人気に支持された素質馬が心身も充実し、ようやく本領発揮といったところか。次走はまだ明確になってはいないが、堀厩舎なので無理なローテーションは組まずセントライト記念か神戸新聞杯のステップレースを確実に使って来るのではないだろうか。
 

④アルカサル 水仙賞

 
アルカサル 牡3歳

アルカサル 牡3歳

父馬:ドリームジャーニー
母馬:アビラ
母父:ロックオブジブラルタル
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
 

2016年02月27日 水仙賞 芝2200m 良

1着=アルカサル(田辺)
2着=ヒプノティスト(柴田善)
3着=キンショーユキヒメ(戸崎)

タイム=2:13.8
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.7
 
【アルカサル】
しつこいようだが、この中にアルカサルも付け加えておくw…未だにあの水仙賞の勝ち方が忘れられない。その後の青葉賞・北海ハンデキャップは気性の荒さを露呈してしまい凡走が続いているが、しっかりとレースに集中出来れば長距離ではかなりのパフォーマンスを見せてくれる筈。ローテーション的に次走できっちりと結果を出さなければ菊花賞は断念せざるを得ないだけに注目である。
 

まとめ

 
以上、4頭をピックアップ。

しかし、先週の札幌記念でレインボーラインが3着入線した様に、今年の3歳世代はかなりレベルが高い。普通に考えてGⅠ級のエアスピネルが結局ひとつもタイトルを獲れていない所が確かな証拠だ。

その中でも4強の内、マカヒキは凱旋門、リオンディーズが天皇賞秋へ行くため参戦しないが、ディーマジェスティとサトノダイヤモンドが菊花賞に向かう。その2頭に挑戦する伏兵勢として上記4頭がどこまで肉薄出来るかが今から楽しみである。

先ずは全頭の菊花賞出走を祈るばかり。

関連記事

関連タグ

著者