3月30日、大井競馬場で<第45回京浜盃>(重賞・3歳・ダ1700m)が行われ、御神本訓史騎手騎乗の1番人気シャルフジンがゴールまで押し切り、優勝しました。

 勝ちタイムは1分47秒1(稍重)。


 以下、8番人気カイル、2番人気ナッジの順にゴール板を通過しています。


 勝ったシャルフジンは、牡、船橋・川島正一厩舎で、父ヘニーヒューズ、母シャーペンエッジ、その父クロフネという血統です。

 前走の<雲取賞>に続く重賞連覇で、これで重賞3勝目となりました。


 また、今回3着以内に入った3頭には、5月12日に大井競馬場で行われる<羽田盃>の優先出走権が与えられます。

関連記事

著者