東京スポーツ杯2歳S

 
トラスト 牡2歳

トラスト 牡2歳

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:グローリサンディ
母父:エイシンサンディ
所属:中村均厩舎(栗東)
生産:中本牧場(新冠町)
馬主:岡田繁幸
via google imghp
 

トラストが4着以下に沈む確率 65%

 
【危険要素】
先ず、自分の型にハマらなければあっさり走らないタイプだろう。他の逃げ馬に先手を取られた時の脆さはクローバー賞でも証明済みだ。加えて、仮にマイペースに持ち込めたと言え、今回のメンバーは前走と違ってかなり骨っぽくなりまともに通用するかが甚だ疑問である。岡田総帥が『英国ダービーに連れて行く』と豪語して話題が先行しただけに、実力以上に評価されているとしか思えない。完全に軽視して良い。
 

マイルCS

 
ヤングマンパワー 牡4歳

ヤングマンパワー 牡4歳

父馬:スニッツェル
母馬:スナップショット
母父:サンデーサイレンス
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:星野壽市
via google imghp
 

ヤングマンパワーが4着以下に沈む確率 50%

 
【危険要素】
確かに勢いは凄い。前走も名だたる強豪相手に先行抜け出しからの完封劇だった。実力は認める。しかし、血統的なワンパンチの足りなさと3連勝時にコンビを組んでいた戸崎騎手が他馬に騎乗するという運の無さがマイナス材料と判断。後、京都競馬場でのコース経験が無いというのも不安な要素のひとつだ。あの坂の上り下りから生まれる独特のペースに戸惑う可能性も大いにあり。ここは人気している分、消したほうが妙味が大きいだろう。
 

まとめ

 
今週はトラストの消しに多少の自信あり。

先週は見事に4重賞とも、このコーナーで上げた馬が全頭飛んで頂きました。穴馬予想の方も比較的コンスタントにHIT出来ているのでふたつを組み合わせた展望でかなり的中確率を上げられるのではないでしょうか。ま、あくまで予想も水ものですので慢心せずひとレース毎にちゃんとした予想をして行きたいと思います。

さて、先にお伝えしましたトラスト。これは東京競馬場よりも中山などの小回りが向く走法をしている様に見えます。さすがに1級線の馬たちとガチで競馬をした時には何枚か劣る気がします。逆にここで勝ち切った場合は来年のクラシック最有力候補決定でございます。

マイルCSのヤングマンパワーに関しては正直見解が難しいですね。春先までの状態でしたら完全に要らないと確信を持てるんですが、ここ3走の内容が非常に素晴らしく勢いだけなら即GⅠでも通用しそうな雰囲気。但し、馬のキャラと血統背景や騎手の起用法などを考えるとちょっと厳しいかなという経験則からの判断が生まれました。こちらに関しては半々と言った所であります。

関連記事

関連タグ

著者