レース傾向&展開

 
『京都・ダート1900m』
スタート地点が1800mより後ろ(4コーナー寄り)になるため、スタート後のポジション争いはあまり激しくならない。
向正面の半ばに上り坂があるので、そこで無理をすると苦しくなる。
レースは3コーナー手前の下り坂で一気にペースアップし、1800m同様後半のラップが速くなりやすい。
レース前半のポジション取りが重要で、出遅れや最後方からのレースはかなり不利になる。
このレースでは、4コーナーで先頭に並びかけ、スピードを最後まで持続できる馬や中団好位で脚を溜めて直線で末脚を生かせる馬が好走しやすい。
 
『レース展開』
生粋の逃げ馬が存在しない今回のレースはショウナンアポロン・ブライトアイディア・ストロングサウザー・クリノスターオー・アスカノロマン・クリソライトによる先行争いが予想される。
中団にドコフクカゼ・ロワジャルダン・アムールブリエ・トップディーヴォが続き、後方にはマジェスティハーツ・サンマルデュークが末脚にかける形になる。
 

独自予想

 
◎アスカノロマン(牡5・川村禎彦厩舎)

◎アスカノロマン(牡5・川村禎彦厩舎)

父:アグネスデジタル
母:アスカノヒミコ
母父:タバスコキャット

前走のアンタレスSはトップハンデの58kgを背負いながらもアウォーディーの0.1秒差の2着と互角の戦いをみせた。今回4勝を挙げている京都コースに舞台が変わることは好材料になるし、最大のライバルであるアウォーディーが回避したことを考えれば、このメンバーでは一枚上手の存在になる。心身共に充実期を迎え今年はG1制覇が期待されているし、今回も上位争いは必至と言える。
via google imghp
 
◯ロワジャルダン(牡5・戸田博文厩舎)

◯ロワジャルダン(牡5・戸田博文厩舎)

父:キングカメハメハ
母:アグネスショコラ
母父:サンデーサイレンス

前走のアンタレスSは前半の速い流れが影響して折り合いを欠いて5着に敗れてしまった。今回は100mの距離延長と折り合いがポイントになるが、鞍上にM.デムーロ騎手を確保できたことはとても頼もしい。秘めた能力は高く、昨年のみやこSを制した相性の良い舞台で巻き返しを期待したい。
via google imghp
 
▲マジェスティハーツ(牡6・松永昌博厩舎)

▲マジェスティハーツ(牡6・松永昌博厩舎)

父:ハーツクライ
母:エアラホーヤ
母父:ボストンハーバー

ここ3走【10.9.11】と大敗が続き、陣営は初のダートレースを選択。
母父のボストンハーバーはアメリカ産馬で、母エアラホーヤは全4戦中3戦がダートレースだったようにこの馬にも適性は少なからずあるはず。
過去に重賞で2着4回と能力は間違いなく通用するはずだし、展開がハマれば初ダートでも上位争いできるだろう。
via google imghp
 
△クリノスターオー
一見、530キロを超える馬体からパワーがありそうに見えるが、この馬が得意としているのは時計の出やすい軽いダートコース。このレースは一昨年が1着、昨年が2着と相性は抜群で、ここで巻き返しを期待したい。

△ドコフクカゼ
ここ6戦全て掲示板以内と大きく負けないのが魅力だろう。父ワイルドラッシュは京都のダートで高い適性をみせているし、今の状態なら一発が合っても不思議ではない。

△クリソライト
前走のアンタレスSは川田将雅騎手がスタートから促したが前目のポジションを取れず4着に敗れた。今回は距離が100m延長されるし、直線が平坦で先行馬に有利な京都コースも好材料で、すんなりと先行できれば、巻き返しの可能性は十分にある。
 
△トップディーヴォ
この馬はレースを使われるごとに調子を上げていくタイプで、前走のアンタレスSを使われた今回は上積みが見込めそう。京都ダートコースは3勝2着3回と相性が良く、展開次第では上位に食い込めるはずだ。


★三連単フォーメーション買い目★
①④⑭-②⑥⑪⑬-⑫ 計108点
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
直近の対決は、完全にアスカノロマンに軍配もロワジャルダンがレーティングTOP。今回はM.デムーロに鞍上強化で挑む。アスカノロマンは馬券の軸としては鉄板だろう。2頭に割って入れるとすると芝での数値だがマジェスティハーツが血統的にはぶっこ抜くイメージが唯一持てる。あとは地方実績のクリソライト、アムールブリエと復調前提でクリノスターオーとドコフクカゼまでが上位。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 渡辺 予想オッズ
1 マジェスティハーツ 56.0 森一馬 106.4 91.3
2 ドコフクカゼ 56.0 岩田康誠 103.0 11.3
3 ショウナンアポロン 57.0 松岡正海 100.0 34.0
4 ロワジャルダン 57.0 M.デムーロ 107.2 4.3
5 マイネルクロップ 56.0 和田竜二 99.0 × 135.7
6 クリソライト 58.0 川田将雅 104.5 × 6.9
7 ブライトアイディア 56.0 藤岡佑介 94.0 212.1
8 トラキチシャチョウ 56.0 松山弘平 95.0 28.7
9 ラインルーフ 56.0 武幸四郎 97.0 84.3
10 ストロングサウザー 57.0 田辺裕信 98.0 175.4
11 クリノスターオー 56.0 幸英明 103.9 × 10.3
12 アムールブリエ 56.0 浜中俊 103.0 × × × 7.8
13 トップディーヴォ 56.0 四位洋文 100.0 81.7
14 アスカノロマン 58.0 太宰啓介 106.7 2.1
15 サンマルデューク 56.0 武士沢友治 97.0 44.9

関連記事

関連タグ

著者