レース回顧

 
スタートでミナレットが出遅れ後ろからの競馬になったレースは13番人気のオツウがハナを切る形になった。後ろの2番手に15番人気のマコトブリジャールが続き、3番手にウインリバティ、1番人気のシャルールは好位6番手からレースを進めた。

3~4コーナーを過ぎても隊列はほぼ変わらず、シャルールが徐々にポジションを上げていく。オツウが先頭のまま直線に入り、直線半ばで2番手にいたマコトブリジャールがオツウを交わして先頭に立つ。ゴール手前でシャルールが猛追してきたが、マコトブリジャールがそれを1 1/4抑え優勝した。勝ちタイムは1分47秒5。

1番人気のシャルールは追い込み届かず2着、2番人気のハピネスダンサーは中団好位でレースを進めるも、本来の脚を活かせず6着に敗れた。
 

 

重賞初制覇・マコトブリジャール

 
マコトブリジャール

マコトブリジャール

父:ストーミングホーム
母:マコトコーラン
母父:ブライアンズタイム

主な勝鞍:2016福島牝馬S(G3)
 
絶好のスタートから好位の2番手を確保し、終始上手く折り合いながらレースを進めた。直線に入っても手応えは良く、先頭のオツウをあっさり交わすとシャルールの猛追を抑えて見事優勝した。15番人気の低評価を覆し、27戦目で重賞初制覇になった。前走の愛知杯で18着と大敗を喫したが、今回はいい流れ、リズムよく走れたのが最大の勝因になった。次走は5月15日のヴィクトリアマイルを予定している。
 

能力の高さを示したシャルール

 
シャルール

シャルール

父:ゼンノロブロイ
母:グレイトフィーヴァー
母父:Kaldoun

主な勝鞍:2016初音S(1600万以下)
 
目下3連勝中と勢いに乗って参戦した今回は重賞キャリアが豊富なメンバーを抑え1番人気に支持された。大外ながら道中は5.6番手に取り付き、直線でもいい伸び脚をみせたが、先に抜け出したマコトブリジャールに一歩及ばず2着に敗れた。デビュー前から期待されていた逸材でここにきてようやく軌道に乗ってきた。まだ4歳で伸びしろは今後も期待できるし、重賞戦線で活躍できる能力があることは間違いない。次走も要注目だ。
 

福島牝馬S全着順

 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 8 マコトブリジャール 54.0 北村友一 100.8 1:47.5 53.1
2 16 シャルール 54.0 横山典弘 104.0 1.1/4 2.8
3 6 オツウ 54.0 加藤祥太 98.0 クビ 42.3
4 3 アースライズ 54.0 丸山元気 101.3 1.1/4 6.5
5 5 クインズミラーグロ 54.0 幸英明 98.3 ハナ 22.6
6 9 ハピネスダンサー 54.0 吉田隼人 99.4 ハナ 6.1
7 1 ディープジュエリー 54.0 三浦皇成 98.3 1/2 17.0
8 12 メイショウスザンナ 54.0 大野拓弥 100.6 クビ 9.6
9 4 アルマディヴァン 54.0 藤岡佑介 102.1 アタマ 13.9
10 7 リーサルウェポン 54.0 田辺裕信 98.4 クビ 11.8
11 13 ウインリバティ 54.0 松山弘平 98.3 1.3/4 26.2
12 2 フレイムコード 54.0 菱田裕二 98.8 クビ × 27.7
13 14 ミナレット 54.0 嘉藤貴行 99.0 クビ 53.1
14 15 カレンケカリーナ 54.0 勝浦正樹 98.5 クビ 27.9
15 10 キャットコイン 54.0 柴山雄一 99.5 3/4 23.8
16 11 ノットフォーマル 54.0 黛弘人 97.6 5 × 76.9
 

福島牝馬S配当&本印予想結果

 
馬連予想 ③⑦⑨⑫⑬⑯ 6頭計15点 不的中
単勝 5,310円 枠連 ④-⑧ 1,600円
複勝 820円 ワイド ⑧-⑯ 2,540円
160円 ⑥-⑧ 10,500円
820円 ⑥-⑯ 2,520円
馬連 ⑧-⑯ 11,130円 馬単 ⑧→⑯ 28,630円
三連複 ⑥-⑧-⑯ 84,650円 三連単 ⑧→⑯→⑥ 735,970円

関連記事

関連タグ

著者