6日、川崎競馬場で<第25回クラウンカップ>(重賞・3歳・ダ1600m)が行われ、和田譲治騎手騎乗の5番人気フレールフィーユが優勝しました。

 勝ちタイムは1分42秒6(重)。


 以下、2番人気リヴィフェイス、9番人気フウトの順にゴール板を通過しています。


 勝ったフレールフィーユは、牡、浦和・野口寛仁厩舎で、父エスポワールシチー、母アスール、その父フォーティナイナーという血統です。

 同馬と、管理する野口師共に初めての重賞制覇となりました。

 

 また同馬は、この勝利により、5月12日に大井競馬場で開催される<羽田盃>の優先出走権を獲得しました。

関連記事

著者