有力馬情報(厩舎・騎手コメント)

 
●サトノアラジン
3週連続で追い切りに跨ったクリストフ・ルメール騎手は「反応が良かったです。コンディションが上がっているのでチャンスだと思います。休み明けですが、レベルの高い馬なので大丈夫でしょう」と自信をみせた。池江泰寿調教師は「前走は距離も馬場も合わなかった。去年の中山で買った春興Sのような走りができればと思っています」と期待。

●ダッシングブレイズ
吉村圭司調教師は「前走は苦しいポジションに入ってしまった。能力的には重賞でも通用するし、今回はしっかり結果を出したい」とコメント。

●キャンベルジュニア
橋本助手は「昨年の春はジリ脚の面がありましたが、今は最後にしっかりと脚を使えるようになっています。いい感じに成長していますね」と期待。

●ロゴタイプ
田中剛調教師は「前走の状態は良かったけど、時計がかかってしまった。前をカットされたのも痛かった」と振り返った。「今回は展開次第だが、4角先頭くらいの感じで行ければいい」とコメント。
 

レース展開

 
スタートして2コーナーまでの距離が短いので先行争いが激しくなるケースが多い。4コーナーまで下りなのでペースは落ちづらい。クラレント、ロゴタイプ、テイエムタイホー、キャンベルジュニアなどが先行するとみられ、先行争いが激しくなればダッシングブレイズ、サトノアラジン、エキストラエンドといった差し馬に展開が向くとみられる。このレースの狙い目としては外から一瞬の脚で差せる馬が馬券に絡んできそうだ。
 

ダービー卿チャレンジトロフィー予想

 
◎キャンベルジュニア

◎キャンベルジュニア

父:Encosta De Lago
母:Melito
母父:Redoute's Choice

南半球生まれ(7月)でキャリアはまだ6戦と浅いが、前走1600万下を快勝。まだまだ成長力は十分にある。今回はG3とレベルは上がるが、ずば抜けた存在はなく圧勝しても不思議ではない。中山コースも1着、2着と得意にしているのも強みだろう。厩舎の先輩であるモーリスは昨年このレースを勝ってから、安田記念、マイルチャンピオンS、香港マイルを制して年度代表に輝いており、名門・堀厩舎というのも魅力だ。素早く好位につけ突き抜ける競馬を期待したい。
via google imghp
 
◯サトノアラジン

◯サトノアラジン

父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:ストームキャット

昨年の春興Sでマークした上がり3ハロン32秒7のタイムは急坂のある中山コースではなかなか見られない数字だった。前走は明らかに距離が長く、この馬はマイルがベスト。重賞でもエプソムC2着、富士S2着、マイルチャンピオンシップ4着と実績十分。遠征帰りの不安はあるが、コース・距離と好条件が揃っており、コンディションが万全であればこのメンバーの中では一枚上か。
via google imghp
 
▲ダッシングブレイズ

▲ダッシングブレイズ

父:Kitten's Joy
母:Blazing Bliss
母父:Honour and Glory

前走の東京新聞杯は直線で内ラチにぶつかり騎手が落馬、競争を中止するというアクシデントがあった。今回は仕切り直しの一戦になるが、マイル戦は5勝2着2回と抜群の安定感を誇っている。次走に安田記念を目指していることからここでは負けられないだろう。中山コースは未経験だが、非凡な能力でカバーできるはず。
via google imghp
 
△エキストラエンド
マイル重賞で1勝2着4回と好成績を残している。今年で7歳になったが、前走の東京新聞杯で2着と好走しているように衰えは感じられない。昨年の京成杯オータムハンデで2着と好走しており中山コースも苦手ではなさそう。今回も持ち前の末脚を活かせれば期待できるだろう。

△サンライズメジャー
もともと追い込みをスタイルとしていたが、昨年のマイラーズCでは逃げて2着に粘るなどどこからでも競馬ができる器用さが魅力的だ。2走前のキャピタルSでは先行勢に取り付いてワールドエースとの叩き合いをハナ差で制している。今回はその時以来となる柴山雄一騎手とのコンビで、能力を最大限に引き出してくれるだろう。
 

ダービー卿チャレンジトロフィー出走馬&予想オッズ

 
①キャンベルジュニア 川田(54) 4.1
②アルマワイオリ 勝浦(55) 46.3
③ダイワマッジョーレ 丸田(57) 154.6
④クラレント 松山(58) 48.3
⑤ダッシングブレイズ 戸崎(56) 3.8
⑥サトノアラジン C.ルメール(57) 2.7
⑦メイショウヤタロウ 太宰(55) 453.9
⑧エキストラエンド 吉田隼(57) 13.3
⑨インパルスヒーロー 田中勝(56) 23.5
⑩マジックタイム A.シュタルケ(53) 17.8
⑪サンライズメジャー 柴山(56) 29.6
⑫テイエムタイホー 内田博(57) 43.3
⑬ダイワリベラル 三浦(56) 17.5
⑭ロゴタイプ 田辺(58) 7.7
⑮フラアンジェリコ 石橋脩(55) 137.0
⑯タガノブルグ 北村友(54) 278.8

関連記事

関連タグ

著者