レース傾向&展開

 

東京競馬場・芝1600m

 
2コーナーにあるスタート地点から3コーナーまで真っ直ぐに向かっていき、向正面の半ばに上り坂があり、そこから3コーナーまで下り坂というコース形態。前半から時計が早くなりやすく、高速決着になりやすいのが東京マイルの最大の特徴で、中距離を走れるスタミナを要求される上にスピードと鋭い切れ味を持った馬が好走するレースになる。基本的に先行・差しが有利だが、開幕週では逃げ切りも十分に可能。理想は逃げ馬の2、3番手から中団好位までが最高のポジションだろう。
種牡馬ではディープインパクトが断然のトップ。次いでダイワメジャー、ハーツクライ、キングカメハメハ、メイショウサムソン、ステイゴールドが好成績を残している。
 

レース展開予想

 
先手争いはサクセスムーン、シャイニードライヴの2頭が有力。その後ろにバリンジャー、ウィンドライジズ、ダンビュライトが続いて、中団以降にロジムーン、クライムメジャー、ブレスジャーニーセイウングロリアスという展開が予想される。
 

独自予想

 

◎クライムメジャー

 
クライムメジャー(牡2歳)

クライムメジャー(牡2歳)

父:ダイワメジャー
母:クライウィズジョイ
母の父:トニービン
調教師:池江泰寿(栗東)
via google imghp
 
1番人気に支持された前走の中京新馬戦は上手くスタートを決めて好位の外目を追走。直線ではフラつきながらも残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切ってデビュー勝ちを決めた。鞍上のM.デムーロ騎手は「ずっと遊んでいたくらいで、道中の手応えは楽だった。賢くてセンスのある馬だね」とレースぶりは荒削りだが、高い素質に太鼓判を押している。半兄に重賞4勝のサトノノブレス(父ディープインパクト)がいる血統背景からも成長力も十分にありそう。まずはデビュー2連勝を決めて暮れの2歳G1へ進みたい。
 

◯ダンビュライト

 
ダンビュライト(牡2歳)

ダンビュライト(牡2歳)

父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母の父:サンデーサイレンス
調教師:音無秀孝(栗東)
via google imghp
 
前走の中京新馬戦は不良馬場のなか、好位のインを追走すると、最後は力強く抜け出して後続に5馬身差も突き放す圧勝劇を演じた。鞍上の松若風馬騎手は「直線でフワフワするところがあったが、追い出してからはしっかり伸びてくれた。溜めればもっと脚を使えるタイプ」と非凡なポテンシャルを評価している。父は新種牡馬のルーラーシップ、近親にアロンダイト、マリアライトのG1馬が並ぶ血統背景。父譲りの躍動感溢れるフットワークを武器に重賞初制覇といきたい。
 

▲ブレスジャーニー

 
ブレスジャーニー(牡2歳)

ブレスジャーニー(牡2歳)

父:バトルプラン
母:エルフィンパーク
母の父:タニノギムレット
調教師:本間忍(美浦)
via google imghp
 
前々走の東京新馬戦は3着に敗れたものの、最後はメンバー最速の上がり3ハロン32秒9の瞬発力を発揮。前走の未勝利戦は中団馬群でしっかりと折り合い、最後は軽く促す程度だったが、それでも2着ロジムーンに2馬身半差つけて快勝したことから、秘めたポテンシャルは相当高い。キャリアの浅い2歳馬同士のレースなだけに、東京コースで好成績を残していることは大きな強みになる。道中脚を溜めれれば、人気馬2頭をあっさり差し切っても不思議ではない。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ロジムーン 牡2 55.0 戸崎圭太 ---- × 9.2
2 バリンジャー 牡2 55.0 北村宏司 ---- 16.5
3 クライムメジャー 牡2 55.0 M.デムーロ ---- 2.1
4 ウィンドライジズ 牡2 55.0 木幡巧也 ---- 38.5
5 サクセスムーン 牝2 54.0 木幡初広 ---- 54.2
6 ブレスジャーニー 牡2 55.0 柴田善臣 ---- 3.9
7 ダンビュライト 牡2 55.0 C.ルメール ---- 2.5
8 セイウングロリアス 牡2 55.0 内田博幸 ---- 46.2
9 シャイニードライヴ 牡2 55.0 吉田豊 ---- 97.7

関連記事

関連タグ

著者