レース回顧

 
各馬綺麗に揃ったスタートは⑦サクラゴスペルがハナを奪う形になった。2番手に1番人気⑨エイシンスパルタンが続き、3.4番手に⑥オメガヴェンデッタ、⑪ブラヴィッシモという先行勢で、中団に①ロサギガンティア、②ヴェルステルキング、⑯ダッシングブレイズがポジションをとった。後方集団には⑩サトノアラジン、⑭アイライン、最後方に⑬サンライズメジャーという隊列でレースが進んだ。
 
直線に入っても隊列が変わらず⑦サクラゴスペル、⑨エイシンスパルタン、⑥オメガヴェンデッタが抜け出しを図るが、残り200mで外から⑩サトノアラジンが脚を伸ばして先行勢を一気に捕らえ優勝。さらに1.1/2馬身差で最後方から追い上げてきた⑬サンライズメジャーが入り、3着に中団を追走していた①ロサギガンティアが入線した。勝ちタイムは1分19秒6。

勝ったサトノアラジンには6月5日に東京競馬場で行われるG1安田記念への優先出走権が与えられた。
 

【2016.5.14 G2京王杯SC レース動画】

 

魔法の末脚炸裂!悲願のG1制覇へ視界良好!

 
サトノアラジン(牡5・池江泰寿厩舎)

サトノアラジン(牡5・池江泰寿厩舎)

父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat

速いペースの中、道中は後方で折り合い、脚を溜める形に。直線で先行勢の脚が鈍ると外から一気に襲いかかり突き抜けた。マークした上がり3F32秒4の末脚はメンバー中最速で力の違いをみせた。
デビュー時はクラシック候補と騒がれたが、その後の重賞では惜敗続きで勝ちきれなかったが、5歳にして19戦目で重賞初制覇を果たした。レース前には初の1400mという距離に不安視されたが、この忙しいペースが眠った才能を目覚めさせたのかもしれない。
次はG1安田記念になるが、1400mよりは1600mの方がさらにレースがしやすくなる。モーリスやリアルスティールといった強敵がいるが、才能が開花した今なら十分に期待できる。
 

逃げてよし。差してよし。自在性が魅力!

 
サンライズメジャー(牡7・浜田多実雄厩舎)

サンライズメジャー(牡7・浜田多実雄厩舎)

父:ダイワメジャー
母:ティファニータッチ
母父:Deputy Minister

最後の直線で最後方から追い上げて7番人気ながら2着と好走。マークした上がり3F32秒4の末脚は勝馬サトノアラジンと同じで1馬身半差離されてしまったが、負けて強しの内容だった。
この馬の最大の魅力は脚質の自在性で流れに惑わされずに競馬ができるところだろう。今年で7歳になったが、能力は全く衰えをみせていないし、むしろ充実しているようにみえる。今後も重賞で戦っていけば、必ずチャンスが来るはずだ。
 

全着順

 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 10 サトノアラジン 56.0 川田将雅 111.3 1:19.6 4.5
2 13 サンライズメジャー 56.0 戸崎圭太 106.8 1.1/2 × 19.9
3 1 ロサギガンティア 57.0 M.デムーロ 107.0 クビ 4.3
4 16 ダッシングブレイズ 56.0 浜中俊 106.0 1.1/4 9.2
5 14 アイライン 54.0 吉田豊 102.5 クビ 44.7
6 6 オメガヴェンデッタ 56.0 武豊 104.2 ハナ 9.3
7 9 エイシンスパルタン 56.0 藤岡佑介 106.0 1/2 3.3
8 7 サクラゴスペル 57.0 H.ボウマン 104.4 クビ 31.1
9 2 ヴェルステルキング 56.0 福永祐一 103.0 クビ 24.8
10 11 ブラヴィッシモ 56.0 内田博幸 104.3 1/2 19.0
11 4 サザナミ 54.0 T.ベリー 100.0 1.1/2 89.0
12 3 ヒルノデイバロー 56.0 太宰啓介 101.0 クビ 46.8
13 8 クラリティスカイ 57.0 三浦皇成 105.3 1 43.3
14 5 ダンスアミーガ 54.0 C.ルメール 98.2 1.3/4 82.0
15 15 ダイワリベラル 56.0 横山典弘 101.7 6 × 56.4
16 12 エポワス 56.0 柴田善臣 96.0 アタマ 240.9
 

配当&本印予想結果

 
三連単予想 ①②⑥⑨⑩⑯-⑦-⑬⑮ 計252点 不的中
単勝 450円 枠連 ⑤-⑦ 1,420円
複勝 170円 ワイド ⑩-⑬ 1,170円
430円 ①-⑩ 480円
180円 ①-⑬ 1,390円
馬連 ⑩-⑬ 4,380円 馬単 ⑩→⑬ 7,420円
三連複 ①-⑩-⑬ 6,590円 三連単 ⑩→⑬→① 39,380円

関連記事

関連タグ

著者