BOXの早見表

 
馬連の点数は枠連、ワイドにも適用可能。
 
     
BOX 1頭 2頭 3頭 4頭5頭 6頭 7頭 8頭 9頭 10頭 11頭 12頭 13頭 14頭15頭 16頭 17頭 18頭
馬連 1 3 6 10 15 21 28 36 45 55 66 78 91 105 120 136 153
馬単 2 6 12 20 30 42 56 72 90 110 132 156 182 210 240 272 306
三連複 1 4 10 20 35 56 84 120 165 220 286 364 455 560 680 816
三連単 6 24 60 120 210 336 504 720 990 1320 1716 2184 2730 3360 4080 4896


 

流し(マルチ)の早見表

 
馬連の点数は枠連、ワイドにも適用可能。

マルチとは、軸を決めてその馬から流した時に着固定では無く、3着以内に入った場合の全通りの買い方を指します。
 
           
流し(マルチ) 1頭 2頭 3頭 4頭5頭 6頭 7頭 8頭 9頭 10頭 11頭 12頭 13頭 14頭15頭 16頭 17頭 18頭
馬連流し 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
馬単流し 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
馬単マルチ 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30 32 34
三連複軸1頭流し 1 3 6 10 15 21 28 36 45 55 66 78 91 105 120 136
三連複軸2頭流し 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
三連単軸1頭流し 2 6 12 20 30 42 56 72 90 110 132 156 182 210 240 272
三連単軸1頭マルチ 6 18 36 60 90 126 168 216 270 330 396 468 546 630 720 816
三連単軸2頭流し 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
三連単軸2頭マルチ 6 12 18 24 30 36 42 48 54 60 66 72 78 84 90 96


 

各券種の有効的な買い方

 

馬連のオススメ購入方法

 
馬連の平均配当は約6000円前後。つまり、馬連なら10頭までならBOX買いをしてもOK。この数字には『え??そんなに配当高いの??』と思われた人が多いのではないでしょうか。更に面白いのはクラスが上がれば上がる程に額が上がり、オープンクラスで約7500円前後。逆に最も低いのが2歳未勝利戦で約3700円前後と、重賞などの方が穴馬の絡むケースが多いんですよね。なので、古馬のオープン以上のレースで12頭のBOX買いでもデータ上はプラス収支に持って行けるという事になります。但し、配当分布で見れば2000~4999円が最も多く、現実的にはどのレースでも7頭前後のBOX買いがオススメ。
 

馬単のオススメ購入方法

 
馬単の平均配当は約11500円前後。理論上、馬連の倍程度の数値となりますね。という事は、馬単だと11頭BOXでも十分にプラス収支に持って行けるんです。これも馬連と同様の傾向で狙い目は古馬のオープン以上。しかも、分布的には1万円以上の配当が30%を優に超えているので3回に1回は馬単で万馬券が発生しています。有効的な購入方法としては、該当レースを対象に6頭BOXを買い続けて3レースに1度当てておけばOK。案外、馬単なら年間でプラス収支も可能かもしれません。
 

三連複のオススメ購入方法

 
三連複の平均配当は約2500円前後。実は三連複が最も安いんですよね。それは1~2着に来なくとも3着までには上位人気勢が入線するからという事が要因です。ここから判断出来るのは…BOX買いなら6頭、1頭軸流しでも7頭までが限界となります。が、毎回的中する訳では無いのでリアルな所を突くと5頭BOX又は軸1頭の6頭流しが現実的かと。2頭流しはリスクが高過ぎるのでオススメしません。フォーメーションでも15点までに絞らなければなかなか収支も上向かないでしょう。そもそも、三連複はハイリスクローリターンの夢が無い馬券なので敬遠するのが得策です。
 

三連単のオススメ購入方法

 
三連単の平均配当は約44000円前後(100万円以上のレースは除く)。何百、何千万円単位の配当を対象にしてしまうと平均値のバランスが崩れてしまうので今回は除外して考えたいと思います。ともすると、MAXで8頭BOX又は軸1頭マルチで12頭流しまでなら検討範囲と言えます。が、特に三連単は外れる可能性のほうが遥かに高いので、BOXで6頭又は軸1頭マルチなら7頭買いが理想的な買い目となるのではないでしょうか。三連複と同じく2頭軸はリスクが高過ぎるのでオススメ致しません。
 

まとめ

 
それぞれの平均配当額を目安として約3分の1の額となる点数を目安に購入をご検討下さい。これは的中率と回収率のバランスを考えた時に最も理想的な投資額と言われています。しかしながら、その時のオッズや軸とする馬の人気によっても理想の買い目は常に変動致します。本当の事を言えば、仮に外れても自分が1番納得の出来る買い方というのがベストな購入方法なんですけどね。

何はともあれ、私生活に悪影響を及ぼす様な買い方だけはお控えを。ご自身の収入やライフスタイルに合わせて競馬をお楽しみ下さい。それらの馬券購入にお役立て頂ければ幸いです。

関連記事

関連タグ

著者